芸能

天才テリー伊藤対談「宝田明」(3)3作目「ゴジラ」でいきなり主役に

テリー そんな過酷な少年期を経て、宝田さんが役者を目指した理由は何だったんですか?

宝田 当時、引き揚げ者はなんとなく白い目で見られていたもので、本籍地の新潟に戻ったら寡黙になっていたんです。それが、小学6年の時に、ひょんなことから学芸会で欲張りのおばあさん役を演じたところ、すごく人気者になりまして、それで味を占めちゃった(笑)。その後、東京に引っ越しまして、中学・高校と演劇にのめり込みました。

テリー 違う自分を表現することが、宝田さんの世界を広げていったんですね。

宝田 そういう面もあったかもしれませんね。それで昭和28年、高校3年の時に、学校に出入りしていた写真屋さんから「東宝がニューフェイスを募集しているから、出てみないか?」と言われたんですよ。もちろん最初は「映画なんてとんでもない!」と断りました。だけど結局は押し切られる形で、校庭で撮ってもらった写真3枚と履歴書を東宝に送ったんです。

テリー そのぐらい目立った存在だったんでしょう。その頃、身長は?

宝田 183センチです。

テリー 石原裕次郎さんが181センチで長身だって言われてたのに、それより高くて、この二枚目ですから。ラブレターなんか、相当もらったんじゃないですか?

宝田 それをバッタバッタと払いのけて(笑)。

テリー アハハハハ、うらやましい。じゃあ、余裕で合格だったでしょう。

宝田 いやいや、そんなことないです。書類審査に合格して東宝撮影所に行ったら、こっちはシワだらけの学生服なのに、他の受験生は皆、バリッとした学生服を着て、芸術の本を読んで待っていたりするんです。それを見てすっかり怖くなって「これはダメだ。次のバスで帰ろう」と、撮影所前のバス停のベンチで1時間ぐらい立ったり座ったりしていました(笑)。

テリー そりゃそうだ、周りがそれだと不安になりますよね。

宝田 そしたら守衛さんが「キミ、受験に来たんでしょう。とにかく入りなさい」と声をかけてくれてね。その守衛さんがいなければ、今の僕はないですよ。

テリー どんな審査があったんですか。

宝田 水着審査です。会場に入ったら50人ぐらいの受験生がいて、審査員には山本嘉次郎監督や黒澤明監督もいましてね。

テリー あ、黒澤さんもいたんだ。すごいなァ!

宝田 山本さんのチーフ助監督を務めていたのが黒澤さんですからね。で、水着姿で審査員の前を歩くんですけど、会場に着替えるところなんてないだろうと思い、家から安物の海パンをはいて行ったものですから、股ズレを起こしてしまい、うまく歩けなくて(笑)。その理由を話したらみんなにゲラゲラ笑われて、合格したんです。

テリー おもしろいなァ。ちなみに同期は誰ですか?

宝田 僕は6期生で、岡田眞澄、藤木悠、河内桃子さんですね。

テリー 錚々たるメンバーじゃないですか。

宝田 ところが、あの3人は正規に受験して入ってきたんじゃないんです。こっちは半年かかってやっと合格したのに、最終審査に無試験でいきなり、縁故で入って来てね。

テリー フフフ、まさに忖度ですね。

宝田 だけど、最初にポンと役をいただけたのは僕でした(笑)。「かくて自由の鐘は鳴る 福澤諭吉傳」という伝記映画でね。で、次に池部良なんかと青春ものに出て、それで「ゴジラ」ですよ。3作目で主役ですから、もう目玉が飛び出しそうなぐらい驚きましたね。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
嵐・相葉主演ドラマが爆死状態で“なりふり構わぬテコ入れ作戦”始まった!
2
関ジャニ大倉、ファンからカバンに「使用後肌着」大量入れられ被害の“苦悩”
3
今年もダウンタウンが「嫌いな芸人」1位!選出される“キーワード”とは?
4
櫻井翔が披露した「嵐グループメール」のレスの速さにファン驚嘆!
5
有吉弘行が主催する“有吉会”の会員は「番組でエコヒイキされる」!?