芸能

カンニング竹山と後輩芸人のガチ喧嘩は放送作家の大失敗だった!?

 カンニング竹山が、自分の番組で後輩芸人とガチ喧嘩!? 9月15日深夜に放送された「カンニング竹山の土曜The NIGHT」(AbemaTV)にて繰り広げられたシーンがお笑いファンの間で話題になっている。

 コトの発端は、同番組でアシスタントを務めているスパローズの大和一孝が一週間前に、竹山から翌日の打ち上げに誘われたというもの。交通費の持ち合わせすらない大和は何度も断るものの、竹山が交通費を出すと確約したため、渋々参加することにしたという。しかし翌日になって大和が竹山に交通費を無心すると、竹山はなぜか「払わない」と言い放ち、あまつさえ店から逃げたというのである。

 そんな暴露話に竹山は「お前、何が言いたいの?」と不満顔。ここから二人の間で口論が始まり、竹山が「イヤなら辞めなさい。番組MCが『来るな』って言うんだから来るな」と“最後通牒”を突き付けると、大和は生放送中にもかかわらずスタジオを出ていったというのだ。この様子には視聴者からも「ひどいパワハラ」「まったく笑えない」といった批判が寄せられているが、実際はどうだったのか。テレビ誌のライターが耳打ちする。

「この一件には『放送事故』との批判も多いのですが、二人の喧嘩や大和の現場放棄が事故なのではなく、オチをつけようのない茶番劇を二人にやらせた演出側が事故の張本人ではないでしょうか。大和は芸歴23年のベテラン芸人で、竹山とは同じ福岡出身という間柄。2012年6月30日には『昨日は竹山さんに飲みに連れて行ってもらい』とツイートするなど、所属事務所が異なるにも関わらず竹山とは古い付き合いなのです。それゆえ交通費程度の話で竹山の誘いを断るわけもなく、話の出だしからして無理がありすぎます」

 確かに竹山は事務所を問わずに後輩芸人の面倒見がいいことで知られており、大和を店に置きざりにして逃げだしたなどとは信じがたい話だ。それがなぜ突然、生放送でこんな話題を繰り出したのだろうか。

「竹山はキレ芸が持ち味ですが、最近は、本当は柔和な性格であることも知られるようになり、キレ芸に陰りが出てきたとの指摘もあります。それもあって今回はあえて、竹山のキレっぷりを前面に押し出す演出だったのかもしれません。しかし台本に無理があり、しかも大和の受け答えがイマイチだったため、単なるガチ喧嘩に見えてしまったのではないでしょうか。これでは竹山はもちろん、大和のほうも『生放送を放棄する芸人』というレッテルを貼られかねず、実に後味の悪い放送となってしまったことが悔やまれますね」(前出・テレビ誌ライター)

 演出の拙さはともかく、竹山と大和の二人は今でも仲良く飲みに行っているに違いなさそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
本州で2番目の長距離路線バスが廃止に!太川陽介「バス旅」番組を襲う「打ち切り」危機
2
キッズ商品に大谷バブルの悪影響!ママたちがドジャースの高級ブランド化に「大谷さん、何とかして」と悲鳴
3
【鉄道界激震】西武鉄道が「箱根山戦争」を繰り広げた「小田急・東急の中古車両」購入の「格落ち」感
4
田代まさしが東国原英夫に語った「薬物依存は刑務所に入れても意味がない」持論の是非
5
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人