芸能

電子マネー社会に物申す鳥越俊太郎に高須院長が「順応できないだけ」喝破!

 都知事選の立候補経験を持つジャーナリストの鳥越俊太郎が「電子マネー強制社会」に異議を申し立てた。

 10月1日発売の「週刊ポスト」にて鳥越は、「私たちは現金世代です。支払いはキャッシュじゃないと落ち着かない」と語り、電子マネー化が進む社会に異議申し立て。かつてポケットに小銭を入れていた時代を懐かしみ、「カードやスマホだと“お金を支払う”という行為を意識しにくいから、ついつい使いすぎてしまうような気がする」と指摘。そして生活面についても「レジで直接、お釣りを渡してもらって会話があるほうが、生活が明るくなるでしょ」と主張したのである。

 そんな鳥越氏に対して世間からは、「あなたの生きていた時代が『現金強制社会』だったのでは?」といった反論が続出。「社会を老人に合わせろって、まさに老害の典型」といった声もあがっているが、その声が決して若者だけではなく、78歳の鳥越と同じ老齢者からも寄せられているというのだ。

「鳥越の主張に対し、73歳の高須克弥院長は『鳥越さんが順応できないだけだよ』と喝破。高須院長の老人仲間は交通系ICカードの『Suica』なしでは暮らせないほど、電子マネーを使いこなしているそうです。実際、多くの老齢者がSuicaなどを使っていますし、スーパーマーケットではnanacoやWAONで支払っています。そもそも鳥越は左派の論客として、保守派や自民党政権を守旧派と攻撃してきた立場のはず。それなら“進歩的”である電子マネーをむしろ積極的に捉えないと、それこそ自己否定になってしまうはずなのですが…」(週刊誌記者)

 そんな鳥越に対しては「こんな老害が都知事にならなくてよかった」「勝ち目のない都知事選でさんざん選挙費用を無駄にしたのに、小銭の使い過ぎには目くじら立てるのか」など、有権者からの反発も相次いでいる。

「鳥越は取材で訪れた中国にて現地で普及しているQRコード支払いができず、『私はガラケーなので困ってしまった』と主張していました。しかしガラケーにしても携帯電話という新技術には違いなく、それについては『黒電話にしろとは言わないんですね』と皮肉られる始末。結局、自分が使いこなせる技術は取り入れ、使えない技術は批判するという、自分基準の批判に過ぎないことを露呈した形です」(前出・週刊誌記者)

 そんな鳥越も高須院長を見習ってICカードを使いこなしたほうが、生活がより便利になるのではないだろうか。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
工藤静香、インスタグラムで飛行機の一般乗客を“非難”して批判殺到!
2
坂口杏里、“芸能界復帰に気合い十分”も「ゆずを汚すな!」の声が出たワケ
3
柏木由紀、新ドラマ初回から「胸の渓谷」「イチゴ柄アンダーウエア」見せた!
4
郷ひろみ、あの声優歌手に“公開処刑”されるも「大人の寛容」を見せ拍手喝采
5
新垣結衣、「けもなれ」でベッドシーンに「共感できない!」の声殺到のワケとは