芸能

松本人志も巻き込んで…「VS水道橋博士」だけじゃない!高須克弥院長の「著名人バトル」名勝負3選

 テレビCMでは「Yes!」と言っているが、実際の性格は持論を曲げないことで知られる、高須クリニックの高須克弥院長。目下、水道橋博士とSNS上で繰り広げている舌戦は、活動休止を発表したダウンタウン・松本人志をめぐるものである。

 高須院長が公式X(旧Twitter)で〈松ちゃんが戻って来たらワイドナショーのスポンサーに復帰します〉と宣言すると、水道橋は〈お金の力で世論を動かすのは良くないですよ〉と諫める。またそれに〈大好きな芸人さんを応援するのは僕の美学です〉と高須院長が反論する状況だ。

 高須院長によるSNSでの「名勝負」はまだまだある。「ひろゆき」こと実業家の西村博之氏とは、弱者をめぐって大バトルを展開した。西村氏が〈弱者を無条件に助けようという人は3種類〉いるとして、〈お金がどこかで無限に湧いてくると思ってる頭の弱い人〉〈偽善者〉〈人助けのフリしたビジネスマン〉といった内容のXに高須院長が「乱入」。「心も頭も貧しい発想。弱っている者を無条件で助けるのは医道の基本です」と批判し、激しく意見を闘わせたのである。

 ウーマンラッシュアワー・村本大輔との罵り合いも有名だ。もともと彼らの漫才をよく思わなかったという高須院長が〈ウーマンだかシーマンだかろくなもんじゃねえ。ぷ〉とつぶやけば、村本は高須院長がナチス支持派であることを批判する意味を込めて「ナチ」、つまり「ナチス」という言葉を使って揶揄するなど、激しさを増していった。

 小西洋之参院議員との熾烈な争いも印象的だった。当時の丸山穂高衆院議員が、北方領土問題の解決手段として「戦争」と言及したことに〈北方四島は日本領なんだから『奪回防衛実効支配』と表現すべきですね〉とコメント。すると小西議員が〈『戦争』発言は『武力行使の放棄』を定めた9条違反であり、平和的解決を定めた日ソ共同宣言違反である〉と異議を唱えた。

 これに高須院長が〈言葉狩りしかできない議員さんの発想はお笑いレベル。僕は『戦争』って単語は使ってません〉と反論し、〈刑事告訴できるかも〉と判断。実際に作成した告訴状の写真を添付しつつ〈告訴状完成なう〉とポストしたこともある。

 裁判に注力するという松本が芸能活動を再開できる日が来るまで、高須院長は応援しながら待ち続けるのだろうか。

(魚住新司)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
2軍暮らしに急展開!楽天・田中将大⇔中日・ビシエド「電撃トレード再燃」の舞台裏
2
不調の阪神タイガースにのしかかる「4人のFA選手」移籍流出問題!大山悠輔が「関西の水が合わない」
3
ボクシング・フェザー級「井上尚弥2世」体重超過の大失態に「ライセンスを停止せよ」
4
新庄監督の「狙い」はココに!1軍昇格の日本ハム・清宮幸太郎は「巨人・オコエ瑠偉」になれるか
5
「メジャーでは通用しない」藤浪晋太郎に日本ハム・新庄剛志監督「獲得に虎視眈々」