芸能

新垣結衣、新ドラマで「逃げ恥ブーム再来」どころか“爆死の予感”証言!

 「相棒」、「科捜研の女」(いずれもテレビ朝日系)、「下町ロケット」(TBS系)など人気シリーズものに加え、米倉涼子、有村架純、戸田恵梨香ら人気女優がこぞって登場するなど、今年は秋ドラマが「豊作の秋」を連想させる充実ぶりだ。

 中でも、芸能デスクが一押しするのはこの1本。

「10月10日にスタートする『獣になれない私たち』(日本テレビ系)は主演を新垣結衣が務めるだけに話題性十分です。しかも、脚本を、あの一昨年秋の大ヒット作『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)でガッキーとタッグを組んだ野木亜紀子氏ということもあり、ブーム再来も見込まれます」

 気になるドラマのストーリーは、現代の理性的すぎる男女によるリアルラブストーリー。IT企業の営業アシスタントの新垣が仕事帰りに立ち寄ったビールバーで税理士の男(松田龍平)に出会い…というありがちな設定なのだが、さるドラマ関係者が、同ドラマの「懸念される点」について、こう明かす。

「日テレの水曜10時枠は、毎回働く女性のためのドラマがテーマとなっているだけに『逃げ恥』での契約結婚のような変わった設定ではなく王道恋愛ドラマです。また、漫画が原作の『逃げ恥』では、主人公の新垣さんがサザエさんに扮したり、『情熱大陸』や『エヴァンゲリオン』のパロディーシーンが話題になりましたが、『獣に──』ではそういう“遊び”もないそうです。主題歌は若者に人気のあいみょんを起用するものの、今回は残念ながら出演者によるダンスはありません」

 もちろん、恋人役で出演する田中圭や松田龍平とのキスシーンもないという。こんな無い無い尽くしでヒットが見込める?という気がしてくるが、

「現在、視聴率3冠王に君臨する日テレですが、近年のドラマでヒットは『花咲舞が黙ってない』ぐらい。局別のドラマ部門の視聴率でみても、安定の日曜劇場を中心に話題作を頻発させているTBS、『相棒』など刑事ドラマを磐石に固めるテレ朝に及ばないばかりか、低調が続くフジテレビにすら負けることが多いんです。局内ではドラマ部門はお荷物部署だとヤユされているほど」(前出・ドラマ関係者)

 他局のヒットをかっさらってでも、ブームさえ呼べれば文句なしのハズだろうが、はたして…。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
2
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは