芸能

高樹沙耶、カナダでの「解禁」絶賛に「まだそんなこと言ってんのか!」と大顰蹙

 元女優の高樹沙耶がツイッターで、自身が所持したことで逮捕された、日本では法律違反の薬物に関するツイートをしたことで、大ブーイングを浴びている。

 問題の発言は10月17日の投稿。カナダで個人で楽しむのに限り、日本では法律違反のその薬物の使用と販売を解禁したというニュースを受け、「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」とカナダの姿勢を絶賛したのだ。

 これに対して「まだそんなこと言ってるのか。いい加減目を覚ませよ」「もう女優に復帰するのは無理なのかな」と批判の声が次々と上がっている。

「高樹は16年5月の第24回参院選に出馬した際、医療用として、その薬物の合法化を掲げていました。これに対して『自分が吸いたいからではないか』との批判が出ましたが、高樹は完全否定。使用したことはないと断言していました。ところが同年10月、その薬物の取締法違反(所持)で逮捕され、17年に有罪判決を受けています。結局、自分が薬物をやりたかっただけだったことがバレてしまった。そんな過去があるだけに、今回、『またかよ』という声が上がりました」(芸能記者)

 現在、高樹は相変わらず医療用としてのその薬物の合法化に向けて活動中。ツイッターを見てもその薬物の医療用としての有効性を訴える投稿ばかりだ。

「過去が過去だけに今さらいくら訴えても、やはり額面通りに受け取る人は少ないですね。“彼女の行動や発言を見ているとその薬物の恐ろしさがよくわかる”なんて声まであります」(週刊誌記者)

 高樹が女優復帰する日は来るだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
橋本環奈の70万円が関係?「ゴチ」大不評な“割り勘ルール”導入の裏事情
2
大橋未歩の“バックは必要”発言!/フリー女子アナ「スキャンダル黒歴史」(終)
3
吉岡里帆、「強引に脱がされバストを責められる」衝撃シーンが大反響!
4
「バス旅」にまたしてもヤラセ疑惑!?ゴール直前に発生した“トイレ事件”
5
手越祐也、大ファンだった「後藤真希と急接近」で危惧される“アパ不貞”密会!