芸能

高樹沙耶、カナダでの「解禁」絶賛に「まだそんなこと言ってんのか!」と大顰蹙

 元女優の高樹沙耶がツイッターで、自身が所持したことで逮捕された、日本では法律違反の薬物に関するツイートをしたことで、大ブーイングを浴びている。

 問題の発言は10月17日の投稿。カナダで個人で楽しむのに限り、日本では法律違反のその薬物の使用と販売を解禁したというニュースを受け、「こうした決断が基本になるといいですね!タバコやお酒のように国が全てを管理するのでなく個人の才覚を信じゆだねるカナダ素晴らしい」とカナダの姿勢を絶賛したのだ。

 これに対して「まだそんなこと言ってるのか。いい加減目を覚ませよ」「もう女優に復帰するのは無理なのかな」と批判の声が次々と上がっている。

「高樹は16年5月の第24回参院選に出馬した際、医療用として、その薬物の合法化を掲げていました。これに対して『自分が吸いたいからではないか』との批判が出ましたが、高樹は完全否定。使用したことはないと断言していました。ところが同年10月、その薬物の取締法違反(所持)で逮捕され、17年に有罪判決を受けています。結局、自分が薬物をやりたかっただけだったことがバレてしまった。そんな過去があるだけに、今回、『またかよ』という声が上がりました」(芸能記者)

 現在、高樹は相変わらず医療用としてのその薬物の合法化に向けて活動中。ツイッターを見てもその薬物の医療用としての有効性を訴える投稿ばかりだ。

「過去が過去だけに今さらいくら訴えても、やはり額面通りに受け取る人は少ないですね。“彼女の行動や発言を見ているとその薬物の恐ろしさがよくわかる”なんて声まであります」(週刊誌記者)

 高樹が女優復帰する日は来るだろうか。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
整形を命令、タメ口に大激怒…GACKT、元恋人の暴露で露呈した異常な下半身癖
2
嵐・二宮和也が「ビール腹」に!活動休止までの2年を乗り切れるか?
3
胸の渓谷がくっきり!土屋太鳳のFカップ「タオ胸」が過去最高の仕上がり
4
花田優一、各局からの“異例の特別扱い”は「河野景子のご機嫌取り」!?
5
真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由