芸能

「月旅行」前澤友作氏、あのカリスマ社長との「社長バトル」が勃発寸前!?

 今年9月に、総費用700億円を超えるとみられる「民間初の月周回旅行」の契約を発表したZOZO社長の前澤友作氏。女優・剛力彩芽と交際していることでも知られ、つい最近は、バイオリンの名器「ストラディバリウス」を10億円で購入したことでも話題を呼んだばかりだ。

 現在、国内で最も注目を集める経営者の一人となった前澤氏だが、ビジネス界では毀誉褒貶、様々な声が飛び交っている。

「ソフトバンクの孫正義社長に『ボクだって、あんなふうにあっけらかんとドカンといきたい』と言わしめるほど前澤氏の行動力はずば抜けている。経営者の間でも仕事ぶりを評価する声は多いですね」と証言するのはビジネス誌ライター。一方で手厳しい批判もあるという。続けてこう明かす。

「それでも最近の“金持ちアピール”にマユをひそめている向きは多いですね。剛力とのツーショット写真公開などで知名度は大幅にアップしたものの、7月半ばをピークに同社の株価は下落している。株主は『呑気にインスタをやってる場合じゃないだろう』と不満を抱いていますよ」

 そんな前澤氏に対して“あの有名社長”が痛烈な批判を行っていた──。

「10月12日、音楽業界のカリスマであるエイベックスの松浦勝人社長が前澤社長についてTwitterで手厳しく批判したんです。剛力との交際に触れて『芸能人を好きにするなら一生面倒見るくらい』でないと困ると指摘し、『芸能界をなめてるよね』とバッサリ。『宇宙行きたいアーティストを知らない』と月旅行計画についても根底から批判しました。これらのツイートは削除されましたが、遺恨が残ったことは間違いない。前澤氏はやられたらやり返すタイプですし、大物社長同士のバトルに発展する可能性は大いにあります」(前出・ビジネス誌ライター)

 両社長の動向に注目したい。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!