芸能

後藤真希、「モー娘。時代の安倍なつみとの確執」回想する話しぶりに非難殺到!

 元モーニング娘。の後藤真希が10月19日放送の「ダウンタウンなう」(フジテレビ系)にゲスト出演し、グループ内で人気を二分していた先輩の安倍なつみとの関係性について言及している。

 安倍は1997年のグループ発足時の初期メンバーとしてモーニング娘。の一員となり、不動のセンターとして君臨するも、99年のゴマキの加入で状況は一変。見届け人として同番組に共演し、モー娘。のファンだったというタレントの菊地亜美も「なっちとゴマキっていう二大巨頭で、後藤さんが途中から入ってきてセンターになった。その前はずっと安倍さんがセンター。でも、ごめんなさいみたいな感じではなく、堂々とセンターを務めていた」と当時を回想している。

 2人の間に“ただならぬ火花”が飛び交っていたことはファンの中でも話題となっていたが、モー娘。の振り付けを担当していた講師も手を焼いていたようだ。

「モー娘。誕生10年記念隊っていうユニットでツアーを回った時、後藤と安倍の2人のナンバーがあったが、2人がまったく息も合わずおたがいの目さえ見れていなかった。2人を別々に呼び出して、仲直りさせた。あの時が一番大変だった」との証言が紹介されると、後藤も「私もあの時は一番苦しかったかもしれない」と付け加えている。

 同ツアーは当初、安倍と後藤、新垣理沙、久住小春、飯田圭織の5名で回る予定だったが、急きょ後藤が体調不良で不参加となり、残りの4人は1人欠いたバージョンのダンスフォーメーションを稽古し直すことに。後藤は何とかツアー最終日に復活して帯同したものの、他の4人はまたしても5人でのフォーメーションを覚え直すこととなり、センターを務める回数の多かった安倍への負担が急増。しまいには机を叩きながら楽屋から去ることもあったというが、後藤にとっては“なぜ安倍が怒っているのかわからなかった”ようだ。

「後藤は以前もテレビ番組で松浦亜弥との不仲エピソードを暴露し、最終的には仲直りしたとのオチで締めていましたが、今回の安倍の件に関しては未だに決着が付いていないような雰囲気すら感じさせました。日頃から体調管理をしっかり施すというのもプロの仕事であるとすれば、ツアーに穴を開け、他の4人に迷惑をかける格好となってしまった後藤は本来であれば謝罪するべき立場です。ところが、“なぜ怒っているかわからない”というスタンスだったとしたら、謝罪すらしていない可能性もあります。また、振り付け講師の『あの時が一番大変だった』との証言に『私もあの時は一番苦しかった』と加え、まるで安倍1人が問題の元凶であるかのような雰囲気を醸し出していましたからね。そのような舞台裏がありながらも、旧センターの安倍ではなく、新センターの後藤の人気が急上昇していくわけですから安倍にとっては酷な日々だったでしょう」(テレビ誌ライター)

 ネット上では今回の後藤の暴露について、「自分に非がある行動は“テヘペロ”って感じで語り、相手の株を下げそうな話は嬉々と話す。この番組でゴマキの株、ダダ下がり」「そりゃプロとして体調管理出来てない人のしわ寄せが来たら怒りたくもなる。そしてこの話をテレビで嬉しそうに話せるのは未だに自分が本当に悪かったと思ってないからでは?」「そんなこと一方的にしゃべっていいの? この人、口がいろいろと軽すぎ」との反応が続出し、「なっち達モー娘。初期メンバーがいたからあなたが入れたんだよ!そこは嫌いとかじゃなく尊敬してほしい」という声もある。

 不仲エピソードでバラエティーを盛り上げるのも良いが、その場にいない人を一方的に悪者として仕立て上げるのはさすがに視聴者からの反感を買ってしまったようだ。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
ともさかりえ、アラフォーバスト「前屈み渓谷」「圧迫こぼれ」躍動写真に騒然
3
新井恵理那、「コスプレ7変化」披露で大反響呼んだエグすぎる“爆裂バスト”
4
小泉今日子が言及した「安室奈美恵が引退しちゃった」ワケ
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合