芸能

「炎上芸人」ドランクドラゴン鈴木拓が明かした出版社から“縁切り宣言”過去!

 才能がなかったと尻尾を巻いて撤退するしかない!?

 ドランクドラゴンの鈴木拓が、あまりの不人気で作家デビュー本が売れず、出版社に縁切り宣言されていたことを明かした。泣くに泣けない話をぶっちゃけたのは、去る10月22日放送のラジオ番組「アッパレやってまーす!」(MBSラジオ)でのこと。鈴木の著書「クズころがし」が古本屋で50円の処分価格で売られているのを見たリスナーから、実際にどれだけ売れたのかを問うメールが届いて答えた形だ。

「鈴木といえば、SNSでのつぶやきが取り上げられ毎度のように炎上することから、炎上芸人の異名を持つ。どんなに嫌われても、そこそこの成功をつかめる処世術をまとめた本が、『クズころがし』で、出版したのは、2015年5月でした。ところが、わずか207ページという本の薄さと比例した内容の軽さで話題にものぼらなかったそうです」(芸能ライター)

 実際のところ、鈴木によれば、売れたのは「たぶん、400(冊)くらいじゃないですか。余って、余って…」という状況で、100人限定のサイン&握手会の参加者はわずか15人でそのうちスタッフが8人だったとか。お金を出して買ってくれたファンはたった7人だったことも告白。そして、「出版社が、『二度と鈴木さんとは組まない』ってはっきり言ってましたから」と面と向かって宣言されたという。

 ピースの又吉直樹の「火花」が世に出たのが、2015年1月。超スピードでバカ売れしたため、お笑い芸人の本なら売れる、今が売り時と考えた出版社も多かった。どうやら鈴木も持ち上げられて、その気にさせられたようだ。

「鈴木は『おもしろいくらい売れなかったですね』と当時を回想。それでも内容にツッコまれると、慌てて『レビューではすごい評価高いです』とフォローに回るなど、未練タラタラ交じりの複雑な心情も見え隠れしましたね」(ネットライター)

 笑えるネタがひとつ増えたと思えば、慰めにはなるか…。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
山田優、「バスト渓谷全開」ルームウェア紹介写真が妄想させる「夫婦生活」
2
芳根京子、「ベッドでの“事後”で見せた貴重なバスト渓谷」にファンがクギ付け!
3
貴重すぎた?「ドラゴン桜」“平手友梨奈の美脚砲”で高視聴率をキープ!
4
本田望結、隠し切れない胸の膨らみが招く?ジワジワ“アンチ”増加の嫉妬現象
5
年収5億!?指原莉乃、TV界「若き女帝」が「華麗なる人脈」を作ったテクとは