芸能

夏菜、女優の肩書きはそのままに「あの男のポジション」を目標にしていた!?

 女優の夏菜が10月31日、男性マネージャーが同じ部屋にいても平気で着替えるというエピソードを「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)にて披露した。その夏菜は高2でグラビア活動を開始しており、2011年公開の映画「GANTZ」では一糸まとわぬ、“マッパ”シーンを披露。そんな開放的な性格の夏菜について、芸能記者がささやく。

「夏菜の性格は女優というより、むしろバラエティ向き。2012年にはNHK朝ドラ『純と愛』で主役まで務めた彼女が、最近はすっかりバラエティ番組の常連と化しています。今年のドラマ出演は『デイジー・ラック』(NHK)の1作品に過ぎず、本人も女優への意欲はもはや薄れ、周囲には『バラエティで生きていく』と宣言しているのだとか。これだけバラエティの色がついた今となっては、女優として使いづらいのも確かでしょう」

 そんな夏菜が芸能界で目標とする人物には、意外な名前があがっているという。

「本人が近い、周囲に漏らしているところでは、何と坂上忍だというのです。最近の坂上は情報番組『バイキング』(フジテレビ)の司会者として視聴者に認識されていますが、本人の肩書はあくまで“俳優”。ドラマ主演は2014年の『潔癖クンの殺人ファイルシリーズ』(フジテレビ系)を最後に途絶えており、最近では“俳優・坂上”を見たことがないという視聴者も少なくないのですが、50年近いキャリアを持つ坂上は俳優という肩書きにこだわっています。その坂上と同様に夏菜も“女優”というブランドを活用し、どれだけバラエティで活躍しようとも、肩書きはあくまで“女優”にしておきたいようですね」(前出・芸能記者)

 バラエティ番組でのぶっちゃけぶりとFカップバストばかりが注目される夏菜だけに、内心では、坂上的なポジションを狙っているということか。とはいえ、たまには女優としての活躍を見たいというファンも大勢いるはずだが…。

(浦山信一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」