スポーツ

ハンパじゃない額の舟券を買う坂上忍がトークショーを/日本全国「旅打ち」行脚~多摩川ボート(下)

 5月25日、多摩川ボートで開催のSGオールスター5日目。この日は翌日の優勝戦を走る6人のメンバーが決まる準優戦が3レース行われた。

 7Rの舟券が的中し、気をよくして迎えた8R。初日と2日目はインの逃げが決まらず、荒れ模様だった。江戸川、多摩川、平和島、戸田と桐生を入れた関東5場はインが強くないことで知られ、多摩川、戸田以外の3場はデータでは①の逃げは50%を割り込んでいる。4場の中では多摩川が50%を超え、最もインの勝率が高い。ところが初日、2日目ともイン逃げが各5回と、他の3場並みかそれ以下になっていた。

 しかし、3日目あたりからインが強くなり、3日目は8回、4日目には10回を数えた。5日目も7Rまでの6レースがインで決まった。この流れは相当強い。それでも穴を出す艇、穴になるレースに備えていないと好配当、高配当をゲットすることはできないのだ。8Rがまさにそれだった。

①山口 剛41広島91期

②赤岩善生48愛知82期

③新海 航28福岡118期

④守田俊介48滋賀74期

⑤池田浩二46愛知81期

⑥篠崎仁志36福岡101期

 展示タイム(バックストレッチのスタートライン延長線から第2ターンマークまでの150メートルの計測タイム)は①6秒83、②6秒84、③6秒80、④6秒96、⑤6秒81、⑥6秒82と拮抗状態。この他、回り足、直線、1周も場内表示されるが、展示が一番の目安とされる。

 また、このシリーズの平均スタートタイムをチェックすると、①~⑤はコンマ10から12で横並び。展示で突出した艇がなく、スタートがほぼほぼ同じなら、スタートでポカをやらない限り横一線になり、経済コースのインが当然ながら、強い。

 それだけに、その中でもスピードがありそうな選手、得意なコースがある選手を選ぶのが予想の基本だろう。よって8Rは有利な①と、若くて展示的にも一発がありそうな③新海で。これが結論である。

 舟券は1着①③、2・3着に②⑤を加えたフォーメーションの12点、各500円、計6000円とした。

 レースは③がトップスタートを切り、1マークを先に回った①と、それに続いた②の間をマクリ差し。バックでは3艇がせめぎ合ったが、③は①と接触しながらも抜け出して、2周バックストレッチで③①体制。3着は②と⑥が最後まで競り合って②が先着し、3連単③①②7040円。これがこの日の最高配当だったが、これをゲットした。いつもは的中舟券をスマホで撮るのだが、この時は撮り忘れてしまった。

 8R以降は準優戦の10Rで人気だった守屋美穂が痛恨の勇み足で散り、③①⑤の決着になったものの、手堅い流れは変わらず。9Rは①③⑤で1410円、10Rは1930円、11Rは①⑤②1900円だった。

 準優3レースの最終12Rの展示タイムは①67、②69、③73、④77、⑤74、⑥78で、答えは出ているようなものだった。いつものように1着①②、2・3着に③⑤を加えたフォーメーション12点、計6000円。

 ①は楽勝、2着は②と③のデッドヒートになり、結果は②に。3着③で3連単は1番人気の660円だった。①③②がその倍以上つくので①③②!と思って見ていたが、舟券を確認したら2着③が漏れていて、もしそれなら危ういところだった。払い戻し3300円、1番人気の低配当でもゲットできてよかった。ホッとする。

 この日は結局、諭吉が3枚近く増えていた。大きな配当が出ない時でも凌いで、なんとかプラスにする。何十万円も賭けて大儲けだと大騒ぎするのは愚の骨頂、長くやるにはこれが鉄則だ。

 7Rと9Rの発売中には、坂上忍がトークショーをやっていた。坂上はハンパじゃない金額を絞って買うそうだ。はたして、どうだったろうか。

 この日は一杯はなし。一杯やる時は、西武多摩川線で武蔵境に出てから考えるしかない。帰りは元来た道をそのまま戻る。単線の多摩川線競艇場前駅で乗って白糸台駅で降り、歩いて京王線武蔵台駅まで行き、自宅最寄りの笹塚駅で降りる。

 薄曇りの中、のんびり過ごしたボートレースの1日だった。

(峯田淳/コラムニスト)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「離婚の原因はキングカズ」元日本代表MFが告発した「有無を言わさぬ電話」事件
2
「送りバントは得点に結びつかない」統計学でわかる巨人・阿部慎之助監督の「時代遅れ」な野球
3
サッカーファンを怒らせた「ユーロ2024」ABEMA無料ナマ中継という急転直下の「後出しじゃんけん」
4
日本ハム低迷時代を終わらせた新庄剛志監督を球団が本気で恐れる「今年で電撃退任」
5
【追悼プレイバック】桂ざこばが味噌煮込み店に入って言われた「注文ルール」に「しびれるセリフ」返し