芸能

小島瑠璃子24歳、“色香”強調も囁かれる「水着グラビアは限界説」の根拠!

 タレントの小島瑠璃子が、10月31日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で表紙と16ページにわたるグラビアを飾り、その艶っぽすぎるセパレートタイプの水着姿にファンからは改めて感嘆の声が上がっているが、一方では“グラビア限界説”も囁かれ始めている。

 同誌で小島は、「ハート打ち抜き系女子」のタイトルで、表紙では赤、グラビアでは主に白の肌見せ度の高い水着をまとい、T157、B81・W57・H85と細身ながらボリュームのあるバストを惜しみなく披露。同日更新した自身のインスタグラムでも「今日発売の少年マガジン オフショットです」と撮影現場の画像を投稿した。

「今回は、それまでの“元気いっぱい”で親しみやすいこじるりのイメージとは、また一味違った大人の色香を放っている。これにはネット上で《めちゃめちゃ可愛い…》《やっぱ嫁にしたいわ~》など、絶賛の嵐でしたよ」(ネットウオッチャー)

 小島は2009年、ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞後、「アッコにおまかせ!」(TBS系)や、「S☆1」(いずれもTBS系)に出演したことで一気に知名度を上げ、今やテレビで見ない日はない活躍ぶり。

「加えて、本人がこだわり続けているのがグラビアでの活動です。以前に出したデジタル版の写真集では、みずから“編集長”を務め写真のセレクトをしたり、自分をいかに魅力的に見せるか、ポーズや表情の研究に余念がない。何歳になってもグラビアだけは続けたいと思っているようです」(芸能記者)

 しかし今回、そんなはち切れボディへの称賛の声をよそに、ネットユーザーからはバストが《垂れてそうだな》《まだグラビアやってたのか》などといった、冷めた意見も上がっているのだ。

「確かに25歳目前となった彼女には、グラビアでの活動は“賞味期限ギリギリ”との見方が業界内で強まっています。ここへ来て見せ方を“大人の色香”にシフトしてきているのも、そうした焦りがあるからでしょう。かといって、テレビのほうもバラエティ枠をいつまでも確保できるというわけではない。女優としては、演技は現時点でほぼ経験を積んでいないため、今後は迷走するかもしれません」(芸能プロ関係者)

 浮いた話では昨年、関ジャニ∞・村上信五のマンションでの“お泊り”が報じられ、今年に入ってからは高身長イケメンとのデート現場を女性誌にスクープされている小島。結婚・引退の道もアリか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ラブリ、「書類送検のタイミング」で生じていた「外見の劇的変化」
2
神田愛花、日村が心配!体臭好き“下半身奇行”にドン引きの声
3
「バイキング」坂上忍も呆れ返った?松嶋尚美、不織布マスクの仰天使用法とは
4
フジ渡邊渚のGカップが狙われる?ファンが警戒する伊野尾慧のバスト好き疑惑
5
吉岡里帆、“バストがFから縮小”疑惑写真で逆に「脱いだらスゴイ」妄想できる!?