芸能

小島瑠璃子24歳、“色香”強調も囁かれる「水着グラビアは限界説」の根拠!

 タレントの小島瑠璃子が、10月31日発売の「週刊少年マガジン」(講談社)で表紙と16ページにわたるグラビアを飾り、その艶っぽすぎるセパレートタイプの水着姿にファンからは改めて感嘆の声が上がっているが、一方では“グラビア限界説”も囁かれ始めている。

 同誌で小島は、「ハート打ち抜き系女子」のタイトルで、表紙では赤、グラビアでは主に白の肌見せ度の高い水着をまとい、T157、B81・W57・H85と細身ながらボリュームのあるバストを惜しみなく披露。同日更新した自身のインスタグラムでも「今日発売の少年マガジン オフショットです」と撮影現場の画像を投稿した。

「今回は、それまでの“元気いっぱい”で親しみやすいこじるりのイメージとは、また一味違った大人の色香を放っている。これにはネット上で《めちゃめちゃ可愛い…》《やっぱ嫁にしたいわ~》など、絶賛の嵐でしたよ」(ネットウオッチャー)

 小島は2009年、ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを受賞後、「アッコにおまかせ!」(TBS系)や、「S☆1」(いずれもTBS系)に出演したことで一気に知名度を上げ、今やテレビで見ない日はない活躍ぶり。

「加えて、本人がこだわり続けているのがグラビアでの活動です。以前に出したデジタル版の写真集では、みずから“編集長”を務め写真のセレクトをしたり、自分をいかに魅力的に見せるか、ポーズや表情の研究に余念がない。何歳になってもグラビアだけは続けたいと思っているようです」(芸能記者)

 しかし今回、そんなはち切れボディへの称賛の声をよそに、ネットユーザーからはバストが《垂れてそうだな》《まだグラビアやってたのか》などといった、冷めた意見も上がっているのだ。

「確かに25歳目前となった彼女には、グラビアでの活動は“賞味期限ギリギリ”との見方が業界内で強まっています。ここへ来て見せ方を“大人の色香”にシフトしてきているのも、そうした焦りがあるからでしょう。かといって、テレビのほうもバラエティ枠をいつまでも確保できるというわけではない。女優としては、演技は現時点でほぼ経験を積んでいないため、今後は迷走するかもしれません」(芸能プロ関係者)

 浮いた話では昨年、関ジャニ∞・村上信五のマンションでの“お泊り”が報じられ、今年に入ってからは高身長イケメンとのデート現場を女性誌にスクープされている小島。結婚・引退の道もアリか?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
工藤静香、Koki,との母娘写真公開で噴出した「憐れみ」と「批判」!
2
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
3
竹内結子、「ストロベリーナイト」出演中の新婚夫のために主役を譲っていた!?
4
また熊本絡み?藤原紀香、「阿蘇山噴火が心配」コメントも批判殺到したワケ!
5
“新体制が不評”「ZIP!」唯一の光明!森山るり、“Eバスト祭り”がスゴいッ