女子アナ

NHK近江友里恵は押尾学を怒ってよし!視聴者をそう思わせた理由とは?

 11月2日放送の「あさイチ」(NHK)の「プレミアムトーク」コーナーに出演した堤真一。現在、同局放送「もふもふモフモフ」という動物バラエティ番組で、かわいいモフモフした動物各種の声を演じ分けている。

 番組アシスタントの近江友里恵アナは、堤が主演を務めた2000年10月期放送のドラマ「やまとなでしこ」(フジテレビ系)を「とっても大好きで何回も見てきた。何回見ても飽きない」と熱く語り、「見たことない方のために」とドラマ紹介をスタート。ドラマVTRを見ながら「堤さんの何とも素朴でぎこちない一途な表情…」と言うと、自身の言葉が恥ずかしかったのか、次の瞬間にはハッとした表情を見せ、両手で顔を覆う一幕も。

 堤からは「言われるほうが恥ずかしい」、大吉からも「聞くほうも恥ずかしいのでやめて」と突っ込まれるも、近江アナは顔をまっすぐ前に向け「ドラマ史上、私は一番(堤が演じた)欧介さんが好き」と“愛の告白”かと思うようなコメントを残した。

 さらに、コーナー中盤ではMCを務める博多大吉から「この際だから言いますけど、(近江アナは)堤さんの大ファンで、昨日美容院行ってきた。普段着ないような赤い服でちょっと背伸びして視界に入ろうとして」と近江アナの“舞台裏”を明かされ、「いえ、あの、そんな」と、絵に描いたようにドギマギ。番組ラストでは、視聴者から堤に対するファックスをたくさん紹介したかったらしく、ファックス原稿を読もうとするたびに「ああっ、時間がない」「悔しい」と声に出して繰り返し、そのパニックぶりが視聴者をほっこりさせた。

「『やまとなでしこ』は最高視聴率34.2%を記録し、MISIAが歌った主題歌『Everything』も大ヒットしたため、フジテレビはクリスマス前になるとこのドラマを再放送していました。ところが今作で重要キャラクターを演じている押尾学が2009年に法律違反の薬物を使用するなどして逮捕されたため、地上波再放送は難しい状況に。ネット上では『近江ちゃんは押尾学を怒ってよし!』の声があがっているようです」(女性誌記者)

 近江アナが最後に堤に対し「またあさイチに、いらしてください」と言っていたが、「近江アナのために、また来てね」と心の中でつぶやいた視聴者も多かったのではないか。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
リモコンみたいに自由にできる?阿部華也子、「癒やされ動画」にファン妄想!
2
石橋貴明、「スポーツ王」視聴率1桁でピンチもあの業界に参戦で再ブレイクか?
3
フワちゃんの無防備なバストトップが無人島ロケでハミ出ちゃった!?
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
裏で1人でヤッてた!?「テラスハウス」史上最悪の展開にネットが大荒れ!