芸能

キングコング西野がどんなに“嫌われ”ても相方の梶原が追い越せないワケ

 絵本作家にしてお笑い芸人の西野亮廣が、ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏と共著した新著「バカとつき合うな」が10万部突破と好調な売れ行きを見せている。その西野は、月額1000円のオンラインサロンに1万人以上が登録するなど熱狂的な支持層を持つ一方で、ブログでのとがった発言がたびたび炎上を招き、“嫌われ芸人”としての地位も安泰だ。またコアなお笑いファンからは、絵本作りやサロン活動に注力する西野に対する“拒否反応”も出ている。

 そんな良くも悪くも目立つ西野に対し、お笑いコンビ「キングコング」の相方である梶原雄太のほうはすっかり、お笑い業界を干された状態だ。いきなりYouTuber転身を発表し、チャンネル登録者数100万人を達成できなかったら芸人引退と宣言するも、現時点で37万人と大幅な未達。久しぶりに出演したテレビ番組では昔お世話になったテレビ局スタッフへの文句を垂れ流し、これまた批判を浴びる始末だ。そんな二人についてお笑い系のライターが指摘する。

「事実上、コンビとしての活動は終了しているキングコングですが、いざお笑い業界の表舞台から去ってみたら、実力を持っていたのはフロントマンとして活躍していた梶原ではなく、ボソッとおもしろいことをいう西野のほうだったことがバレた次第ですね。人気爆発のきっかけとなった『はねるのトびら』(フジテレビ系)では梶原がMC的な立ち位置だったものの、精神的に追い詰められて番組を休養したことも。ダーツにハマった際には芸能人ダーツ大会で優勝するなど集中力は一級品なのですが、西野のような深みがないため、浅いお笑いに終始していたのです」

 ただ、西野は2016年に芸人引退を宣言しており、お笑いなら今や梶原の独壇場のはずだ。しかしその状況でも梶原は、西野の「高み」に達することは不可能だというのだ。お笑い系のライターが続ける。

「11月3日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)は、お笑いファンの間で『神回だった!』と話題になっています。この回では西野と劇団ひとりの抗争が進化した『西野をもう一度嫌いになろう』という企画を放送。冒頭のビンタ合戦では二人ともホオを赤く腫らし、続くヒップの匂いを嗅ぎ合う対戦ではひとりの穴に“カスが見える”始末でした。そしてシャワートイレを模した対戦では青い水をひとりのヒップに吹き上げた西野が、みずからの顔面でその水を受け止めて悶絶。最後は同企画で恒例となった服の破き合いとなり、二人ともほぼマッパになりました。大事なところをロゴマークで隠しながら談笑する二人には、お笑い芸人の覚悟があふれていましたね」

 そんな神回で西野が示した芸人魂のスゴさは、お笑い好きの視聴者を爆笑させ、そしてうならせていた。

「この回を巡っては『テレビがYouTubeを超えた!』とネット業界でも話題になっています。しかしこれがYouTuber梶原だったら、このどうしようもなく品のない対戦を西野のようにお笑いに昇華することはできず、単なるドタバタ劇になっていたことでしょう。芸人を引退したはずの西野に、梶原では絶対に追いつけないことを如実に示す内容だったのです」(前出・お笑いライター)

 せめて“カジサック”こと梶原には、今回の神回に迫る話題性をYouTubeチャンネルで披露してもらいたいものだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
2
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
3
ショックだった?浜辺美波、「熱愛」直後の収録で起こった“共演者の異変”!
4
沢口靖子「科捜研の女」“打ち切り”報道で密かに喜ぶ人の「意外な理由」
5
氷川きよし、「性別を超えたスタイルと魅力」を炸裂させ続けた“激動2年半”