政治

面の皮の厚さが違う!元都知事・猪瀬直樹が小池百合子と蓮舫に「くだらない都知事選になっちゃった」

 また「おまいう」だ。しかも、ハイレベルの「おまいう」である。

 元東京都知事で、参議院議員の猪瀬直樹氏の棚上げ発言が、批判の的となっている。

 7月7日に投開票が行われる東京都知事選には、現職の小池百合子氏、立憲民主党の蓮舫氏、広島県安芸高田市長だった石丸伸二氏、タレントの清水国明氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏、そして元迷惑系YouTuberのへずまりゅう氏らが立候補を予定している。

 6月11日に公開された、ホリエモンこと堀江貴文氏とのYouTube対談で、猪瀬氏はコメントを求められた。すると開口一番、「くだらないあれになっちゃったよね」と一言。続けて、「日本がどうなるかという、いちばん大事な時に、ちょっとメンツが悪すぎるよね」と、完全な上から目線で印象を語った。

 たったこの二言で、動画を見ていた視聴者からは、まるで申し合わせたように「おまいう」コールが殺到したという。週刊誌記者が話す。

「過去に悪名高き知事はたくさんいますが、いまだに都民は、舛添要一氏の『精査辞任』と、猪瀬氏の『5000万円案件』は忘れていません。忘れていないどころか、都知事選のたびに思い出すと言った方がいいでしょう。そんな2人に限って、都知事や都政に関して、やたらと口を出してくる印象があります。過去の愚行を忘れているのか、はたまた負け惜しみなのか、どちらにしても、都民はまともには相手にしていないというのが実情でしょう」

 対談では、猪瀬氏はホリエモンに都知事選への出馬要請をしている。いわく、「使命感を持ってもらいたいね、ホリエモンには」「いまの小池さんとか蓮舫じゃ、ダメだからね」というわけだ。ところが、これにも「おまいう」コールが鳴り止まなかった。前出の週刊誌ライターがあきれた表情で吐き捨てる。

「都知事時代、集中審議で『これが5000万円を入れたカバンです』と公開し、見事にカバンのファスナーが閉まらなかったことで、猪瀬氏は全国から失笑を買いました。そんなコントまがいの醜態をさらした人物の口から、『使命感を持て』ですからね。まさに『おまいう』です。面の皮の厚さが違うと言いますか、少し格の違いすら感じます。ダメ出しされた小池氏や蓮舫氏も、猪瀬氏だけには言われたくないと、ぶ然としているでしょう」

 現在、猪瀬氏が所属している日本維新の会からは、立候補を表明している人物はいない。そこまで言うのなら、国会議員からもう一度、都知事選にシフトしてみてはどうだろう。街頭演説は「おまいうのデパート」と化しそうだが…。

(石見剣)

カテゴリー: 政治   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
2
イギリスに実在した「世界最恐のサイコパス双子姉妹」ジューンとジェニファーの「双子語」狂乱人生
3
「黙らすぞクソ豚、コラァ!」坂本勇人のアドレナリン爆発を誘発させた大久保博元の「策略」
4
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
5
緊迫の「末期膵臓ガン寝室」体を弓なりに曲げて白目をむいた「心肺停止」騒動/プーチン「死亡・影武者説」を追う【2024年6月BEST】