芸能

天才テリー伊藤対談「加藤諒」(2)ええっ、今までの恋愛経験がゼロ!?

テリー 加藤さんは多摩美術大学を卒業しているんだね。いい学校じゃないですか、なかなか入るのも大変だったでしょう。

加藤 いえいえ、僕は自己推薦枠で受けたので。3分間の自己PRで「世界にひとつだけの花」を歌って踊ったんですが、それが話題になって「なんかヤバいやつが入学してくる」なんて校内で話題になっちゃったらしいんです(笑)。

テリー 仕事との両立は大丈夫だったんですか。

加藤 僕、「あっぱれ──」の卒業から大学を卒業する頃まで、年に1本ぐらいしか仕事がない時期があったんですよ。そういう意味では、けっこうつらい時期でもあったんですが‥‥。

テリー 逆に学生の時間をじっくり取ることができたんだ。

加藤 はい、楽しかったです。裏方の仕事にも興味があって、映像演劇学科というところに行ったんですけど、自分が好きなエンターテインメントの世界を目指している人たちばかりだから、話はもちろん、気も合うんですよ。子役時代はお稽古ごとばかりで、友達と遊ぶ時間がほとんどなかったものですから、そういうことも含めて多摩美ではたくさん貴重な経験を得ることができたな、と思いますね。

テリー じゃあ、恋愛なんかも楽しんでいた?

加藤 片思いはありますけれど、今まで恋愛は一切したことがないんですよ。

テリー ええっ、今、いくつだっけ?

加藤 28歳です。

テリー ウソだよ、そんなの。あ、わかった! ゲイなんでしょう。

加藤 アハハハハ、違いますよ。人と会ったらそれ、100%言われるんですけれど(笑)。21歳の時にリリー・フランキーさんと舞台で共演させていただいて、以来、仲よくさせていただいてるんですが、今年久しぶりにお会いした時には「おい、カミングアウトに何年かかるんだ」って言われました(笑)。

テリー 言っている意味が全然わかんないよ。だって、女性と恋愛したことないんでしょう?

加藤 はい、男性とも女性とも、そういう行為を一切したことがないんです。

テリー ほら、ここにあるアサ芸を読んでごらんよ(と、本誌をパラパラと見せる)。裸のグラビアなんか見たら、普通の男性だったらムラムラしてくるんじゃない。

加藤 アサ芸、「あっぱれさんま大先生」の楽屋に置いてありました(笑)。でも僕、こういうものをあまり受け付けなくて‥‥。

テリー ああ、なるほど。そういう方面への意識が高いというか、美しい感じが好きなんだね。でも、実際のところ、これまでそういうムードになる機会もあったでしょう。

加藤 ないですよ。誘われもしないし、こっちも誘わないので。しかも、僕、ガッツリ系のキスとかも苦手で‥‥。

テリー なんだよ、キスもNGなの?(笑)そんなの、聞いたことないよ。今どきのアイドルだって、そんなこと言わないぞ!

加藤 アハハハハ、すみません。

テリー ベロチューの気持ちよさを教えてくれる、いい人が見つかるといいけどねェ。もっとも、相手は男性か女性か、まだわからないけど(笑)。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
3Aで好投してもメジャー昇格が難しい…藤浪晋太郎に立ちはだかるマイナーリーグの「不文律」
2
あの「号泣県議」野々村竜太郎が「仰天新ビジネス」開始!「30日間5万円コース」の中身
3
高島礼子の声が…旅番組「列車内撮影NG問題」を解決するテレビ東京の「グレーゾーンな新手法」
4
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
5
皐月賞で最も強い競馬をした3着馬が「ダービー回避」!NHKマイルでは迷わずアタマから狙え