芸能

X JAPAN・Toshl、YouTuberデビューも「今後が不透明」なワケ

 X JAPAN のボーカルToshlが11月22日、YouTuberデビューした。

YouTubeチャンネルの「キャッToshlテレビ」に登場。Toshl考案のサングラスをかけたオリジナル・キャラクターであるクロネコの「キャッToshl」が目印だ。動画の第1回目は、YouTuberの定番企画である「話題の商品を開けてみた」である。

「箱から出した生クリームを使ってデコレーションパンケーキを作り上げるというものです。スイーツキングを自称し、プライベートでもよく料理を作るというToshlですが、ベタボメしながらの商品紹介、意外に慣れた手つきの調理、『素晴らしい』を連発する食レポと、6分足らずの内容でした。でも、ちょっと食い足りなかったですね」(芸能ライター)

 11月23日の時点では、視聴回数は6万3190回。チャンネル登録数は9519と意外な少なさだった。初回から本業の歌を披露することなく、スイーツ作りに挑戦とは、あまりにも意表を突き過ぎているような…。それでもみずからテーマソングを書き下ろし、熱唱したというから“ガチ度”は高いようだ。

「Toshlは、ソロとして20年ぶりのメジャー作品となる初のカバー・アルバム『IM A SINGER』(ユニバーサル ミュージック)を11月28日に発売して、発売記念のミニライブ&握手会でもっか全国を回っています。YouTuberデビューはそのPRのための期間限定企画かと思われましたが、どうやら違うらしいですね。これまでまったく見せたことのないロックアーティストとしてのイメージを覆す体当たりの挑戦が、企画意図。テレビで見せたことのない姿を見せるのがウリなんだそうです。ただ、はたしてシンガーToshl以外を望むファンがどれだけいるのか、疑問ですね。それが証拠に、松田聖子やアンジェラ・アキ、尾崎豊らの名曲をカバーした新アルバムは好評で、Toshlがカバーした『365日の紙飛行機』(AKB48)のミュージックビデオは、11月15日からの5日間で40万回超の再生回数を記録する人気ぶりです」(音楽ライター)

 X JAPANとの契約を更新しておらず、ドラマーのYOSHIKIとは不仲が伝えられたまま。YOSHIKIは、大みそかの紅白歌合戦で、L’Arc~en~Cielのボーカル・HYDEとのユニット「YOSHIKI feat. HYDE」として初出場する。が、Toshlがサプライズ出演する可能性は限りなく低い。いったいどこにたどりつくのやら。

(塩勢知央)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
瀬戸大也、復帰でも美人妻・馬淵優佳の“アピール”が呼んだ「再批判」のワケ
2
本田望結、オトナへの成長が目覚ましい“ぽっちゃりセーラー”の大絶賛!
3
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
4
バス旅・浅田舞、「惜しかったお風呂シーン」も“評価爆上がり”の理由とは?
5
報じた新聞に激怒?デヴィ夫人、パーティ主催釈明も続々の“批判ポイント”