芸能

「あの作家と同じ道たどる?」Koki,の映画賞受賞への懸念が止まらない!

 木村拓哉と工藤静香の次女で、モデルのKoki,(「o」の上に「‐」)が11月26日、「ELLE CINEMA AWARDS 2018」の「エル・ガール ライジングスター賞」を受賞したが、映画出演の経験がない彼女が受賞したことへの批判や懸念が止まらない。

 デビュー当初から親の七光りによる“ゴリ押し”が言われていたKoki,。それでも擁護派も多かったのだが、今回ばかりはブーイングがすごい。ネット上では〈これからもいろんな賞を総舐めしそうだな〉とヤユする声が多く見られる。

「女性ファッション誌『ELLE』でモデルデビューした関係で受賞したのでしょう。ちなみに昨年は、中条あやみが『エル・ガール ライジングアクトレス賞』を受賞しているのですが、今年は賞の名称を変えているところにかなりの忖度ぶりがうかがえます」(芸能ライター)

 さらに芸能関係者からは、過去にあった“ファッション誌つながり”の似たような例を挙げる声も聞こえてくる。

「88年にマガジンハウスから『家族輪舞曲(ロンド)』で作家デビューした、椎名桜子を思い出しますね。彼女は同じマガジンハウスの『an・an』に“作家”の肩書で連載を持ち、同時に『家族輪舞曲』を出す前から“名前・椎名桜子 職業・作家 ただ今処女作執筆中”と大々的に宣伝された。しかし、小説はそこそこ売れたものの、翌年、同じタイトル映画の監督を務めてこれが大コケ。そのままフェードアウトしてしまった」(大手芸能プロ関係者)

 Koki,も似たような道をたどらなければいいが…。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
熊田曜子より注目!?「ロンハー」運動テストで“ボカシ加工された”女性タレントの正体
2
「ハンオシ」倉科カナや中川翔子より注目された“バスト揺れ女優”とは!?
3
浜辺美波、美バスト露わ?“大衆浴場で堂々マッパ”発言にザワザワ!
4
高島礼子、「バス旅」で“躍動ボディ”より注目された共演者絶句の“素顔”
5
和地つかさ、「ライザップ」でも“Iバスト”は変わらずの「キープ手段」