芸能

新垣結衣、「けもなれ」の初ベッドシーンよりスゴい“激艶”シーンがあった!

 ついにベッドシーン解禁!12月5日に放送されたドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系)の第9話にて、新垣結衣と松田龍平がベッドの中で愛を交わすシーンが映し出され、視聴者を驚かせた。これが新垣にとっては初めての、本格的なベッドシーンになるという。

「07年の映画『恋空』では三浦春馬と一緒にベッドに入ったものの、二人とも制服を着たままという不完全燃焼。そして星野源と夫婦役を演じた16年10月期のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)では、ベッドに入るまでのいちゃいちゃは演じたものの、肝心のベッドシーンは人形にやらせ、二人がアフレコするという斬新かつ残念な演出に終わっていました。それゆえナマ肌をさらした新垣に男性がのしかかるという本物のベッドシーンは、今回が初めてだったのです」(テレビ誌のライター)

 ただそのシーンはわずか14秒に過ぎず、見えていたのは上半身のみ。しかも素肌をさらしている面積はタンクトップ姿と大差なく、視聴者からは「残念すぎるベッドシーン」と酷評されたのである。

 ところが新垣の出演作を振り返ると、今回の残念シーンよりもはるかに視聴者の興奮を巻き起こした艶シーンがあったというのだ。前出のテレビ誌ライターがその場面を振り返る。

「15年10月期のドラマ『掟上今日子の備忘録』(日本テレビ系)で見せたシャワーシーンは、ファンの間で語り草となっています。この第7話で探偵役の新垣は連日の徹夜で資料を漁り、眠気覚ましにシャワーを浴びるも限界が来てしまい、シャワールームで気絶。その場面で上半身は胸元まで、下半身はヒザの上まで露わになっており、視聴者はガッキーのマッパをありありとイメージできたのです。そして新垣を発見した岡田将生がお姫様抱っこでベッドまで運ぶシーンでは、彼女を包むシーツがぴったりと体に貼り付き、ヒップラインが丸見え。さらにベッドに横たわってからも脚が付け根の間際まで丸見えで、ファンからは『もはや秘所まで見た気分!』との声まで飛んでいました」

 なんとベッドシーンよりシャワーシーン(というか気絶シーン)のほうがハードだったとは。もはや三十路を迎えた新垣ゆえ、今回のベッドシーンではぜひ自己最高記録を狙ってほしかったとファンも残念がっていることだろう。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
職場に絶対いてほしくない!藤本美貴のモー娘。時代の「エゴまる出し」発言がリーマンから総スカン
2
元楽天・安楽智大が来季「日本球界に逆輸入される」メキシカンリーグでの「標高2200メートル投球」
3
松本人志の居ぬ間に中山秀征…芸人たちが「実はスゴイ人」異常な絶賛の「あぁ不思議」
4
「チッ、うっせ~な!」スノーボード國母和宏のふんぞり返り暴言三昧/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」
5
ついに「エース交代」を明言!阪神のローテ再編が意味する岡田監督の重大な意図とは