芸能

門外不出「有名女優のトリセツ」(1)黒木華主演作品はVIP待遇が必要

 毀誉褒貶の激しい芸能界で、最も好奇の目にさらされる「女優」という職業。「女心と秋の空」などと申しますが、一般女性よりも特に移り気な彼女たちの対応には細心の注意が必要です。そこで、13名の麗しき女優たちの「取扱説明書=トリセツ」をここに大公開、操縦方法を伝授いたします!

 ドラマ「SUITS」(フジテレビ系)で、織田裕二との「27年ぶり月9共演」が話題になった鈴木保奈美(52)。ところが肝心の視聴率は振るわず、初回こそ14.2%と高評価だったが、2話以降は10%前後をウロウロしている。

 そんな低空飛行が鈴木のご機嫌を損じたのか、撮影現場が凍りつく事件が勃発したという。ドラマ関係者が証言する。

「鈴木がスタッフたちと談笑している時でした。共演中の女優・中村アン(31)が、鈴木の背後から近づいて挨拶しようとしたのですが、完全無視したんです。周囲も『えっ!?』と固まってしまって‥‥。中村は苦笑いしながら退散していきました」

 スタッフとの会話に夢中で気づかなかったワケではなく、はた目にはあえて“眼中にないというポーズ”を取っていたように感じられたという。だがベテラン芸能記者いわく、これは“鈴木保奈美の現場あるある”らしいのだ。

「鈴木は出産と育児を経て本格的に芸能界に復帰した10年頃から、自分より若い女優への当たりがキツいことで知られています。自分は女優一本でここまでやってきた、という強烈な自負のせいでしょう。特に中村のように、モデルなどもこなす“兼業女優”に対しては『私と同列にしないで』との思いがあるはずです」

 “修羅場ストーリー”が突然始まらないよう、このトリセツを順守すべし!

〈鈴木保奈美さまに若手女優を近づけてはなりません〉

 鈴木に限らず“女優”の我の強さは総じて並大抵ではない。漏れ伝わってきたのが、黒木華(28)の“ヒロイン体質”だ。

「黒木は10月に公開された映画『日日是好日』(東京テアトル、ヨアケ)で主演を務めたのですが、初日舞台挨拶やメディア取材で共演の多部未華子(29)と同格の対応をされたことに憤ったんです。『主演は私なのに、なんであの人が私と同じ扱いをされるの!?』と言って現場が大混乱に陥りました。同じく共演の先輩女優・鶴田真由(48)までがなだめに入るも、まったく納得いっていない様子でしたね」(映画関係者)

 同作には今年9月に逝去した樹木希林も出演、舞台挨拶には樹木の等身大パネルが登場したのだが‥‥。

「より注目が集まるからでしょうね。『希林さんのパネルは私の目の前に置いて』と要求してきました。実はそこに置くと、隣に立つ多部の体が隠れてしまうので、あえて並びのいちばん外側に置く予定だった。多部が『私は気にしていないのでどうぞ』と言い中央に配置されましたが、みんなあきれてましたよ」(映画関係者)

 なんと撮影中には、その樹木にもかみついていたというのだから、その気の強さたるや恐るべし。

「撮影の合間に黒木と希林さんが話していたのですが、『ハリウッド女優になりたいんです』と言う黒木を希林さんが『あなたには無理』とバッサリ切り捨てたんです。それから黒木は、裏で希林さんのことを『老害』と呼んでいました」(映画関係者)

 モーレツな性格だけは、亡くなった大先輩女優にも負けていなかったようだ。

〈黒木華さまが主演の作品では、他と差をつけたVIP待遇が必須です〉

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、東京五輪の初戦勝利で男性ファンを釘付けにした“大人バスト”
2
貴島明日香、みずから明かしファンを歓喜させた“安産型”下半身ライン!
3
長嶋茂雄、「“自身を引退に追い込んだ男”に陣中見舞い」秘話を中日OBが放談!
4
石川佳純、「さらに美人になった」絶賛と注目浴びた“Cカップ・バスト進化”
5
「全裸監督2」情交シーン大全(2)元AKB女優が「3Pピストン」でバスト大揺れ