社会

秋津壽男“どっち?”の健康学「健康維持の分かれ道となる50代と60代。塩分、酒、タバコなど生活習慣の意識的改善を」

 若い頃に比べて、衰えてくるのが「体力」です。「昔は徹夜も平気だったし、酒もたくさん飲めたのに」などと嘆くのも、40代以降の中年の本音でしょう。その一方で、人生で培ったさまざまな経験により、生き方に余裕が持てるのが中高年世代です。いい時も悪い時もある、と前向きに考えることも健康維持のコツとも言えます。

 さらに言えば、中年にさしかかったら、食生活を中心に生活スタイルの改善を考えなければいけません。ここで問題です。50代と60代を比較して、ライフスタイルを見直すべき年代はどちらでしょうか。

 50代と60代で大きく違うのは「職場での立ち位置」です。50代はリタイア前の「社会のリーダー」であり、金銭的にも余裕が出てきています。食に関していえば、好きなものばかり食べがちですが、アメリカの研究で「50代にタンパク質や糖分を摂取しすぎると死亡率が高まる」と報告されています。先々の健康を考えるなら、やはり50代は考えを改める時期と言えます。

 社会的にバリバリの現役であるにもかかわらず、肉体的な衰えが大きくなるのも50代直前です。白髪やしわが目立ち始めるのもこの頃で、50代半ばには生殖能力を筆頭に老化が急速に進んでいきます。逆に上がっていくのが「最高血圧」ですが、50代は血管の老化も進む年代でもあります。何度も申しているとおり、動脈硬化が招くのは脳梗塞や脳出血などの大病です。

 このように、体の衰えが顕著になり始める50代は、食生活はもとより、健康に対する考え方にいちばん注意すべき年代であり、人生で最も健康に向き合わないといけない時期と言えます。

 食生活改善として、まずは主食を減らすことをお勧めします。エネルギーが必要だった30代の頃と同じように糖質を摂ると、高血圧や糖尿病を招きます。糖質制限(ローカーボ)をして野菜中心のメニューに切り替え、肉、魚介類、大豆製品など幅広く栄養を吸収するようにしてください。

 また、血圧を少しでも下げる減塩が欠かせません。水分と塩分をコントロールする腎臓は、負担がかかるほど機能が低下して血圧を上昇させます。濃い味を好む人は、塩分の摂りすぎが悪影響を招きます。また、アルコール量に注意が必要です。血管の収縮反応を高めたり、心拍を早くする交感神経を活発にするので、量を減らすべきでしょう。言うまでもありませんが、タバコに含まれるニコチンが交感神経を刺激したり、一酸化炭素が血液中の酸素を不足させ、血管や心臓に負担をかけるので、50代という年齢を機に禁煙をするべきでしょう。

 40代まで大病とは無縁だった人でも、健康を意識した生活改善をしなければ、必ず不調を来します。日々の運動なども心がけてください。

 これからの時期は寒くなりますが、冬に寒い環境で暮らすよりも、暖かい部屋に住むほうが筋力も低下せず、転倒などをしにくくなります。下半身の衰えも目立つ時期なので、住環境も意識したいところです。

 対して60代はリタイア後の「余生」を楽しむ時期で、ストレスも50代よりは低くなります。老いの実感も顕著になりますが、60代を迎えて大病していない人は、生き方や健康法が間違っていなかったとも言えるでしょう。

 60代半ばを過ぎると、逆に高タンパク群(1日の総摂取カロリーに占めるタンパク質摂取20%以上)が、ガンになる確率や死亡率を低くします。積極的に肉を食べるなど、食生活を切り替えてください。ただし高血圧予防は重要ですので、塩分やカロリーは控えめにしてください。

■プロフィール 秋津壽男(あきつ・としお) 1954年和歌山県生まれ。大阪大学工学部を卒業後、再び大学受験をして和歌山県立医科大学医学部に入学。卒業後、循環器内科に入局し、心臓カテーテル、ドップラー心エコーなどを学ぶ。その後、品川区戸越に秋津医院を開業。

カテゴリー: 社会   タグ: , , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
NHK上原光紀、「桑子独立説」で次期エース候補も不安視される「誘惑ヒップ」!
2
韓流ドラマで主演俳優が逮捕!その事後対応に日本のテレビ局も大注目か
3
ドS対応は健在! 欅坂46平手友梨奈、野外ライブ放水に「オレにかけて」の声
4
中居正広には退所を思い直させていた!ジャニー喜多川氏が託した「遺言」とは?
5
天海祐希が主演ドラマスタッフに「朝まで大激怒」(3)激怒の裏にライバルの存在