芸能

「批判殺到」報道は違う!乃木坂46齋藤飛鳥、“塩対応”にむしろ集まる称賛!

 グループアイドルのトップに君臨してからも、乃木坂46の人気は衰えないまま。そんな中、オトナ男性ファンだけでなく中高生など若年層の男女にも絶大に人気のあるメンバーといえば、LINE NEWSが選ぶ「話題の人」にも選出された齋藤飛鳥。

 12月9日、その彼女に密着した「情熱大陸」(TBS系)が放送されると、熱心なファンだけでなく、お茶の間からも彼女の抱える葛藤などに反響があったとのこと。ところが、一方で言われない誹謗中傷が飛び交ってしまったとか。

「齋藤といえば、ファンに対してもズバズバ言うクールで毒舌なキャラを確立してから大きくブレイクしたといっていい。それもあってか、番組でも彼女の握手会の様子が映し出されたのだと思いますが、ファンが『初めて(握手会に)来ました。結婚して下さい』というと、即座に『おことわり~』と返答したり。『今日のファッションのポイントを教えてください』と聞くファンには『ない』とひと言。ちょっと前に流行った言葉で言えば“塩対応”ですが、彼女のキャラクターを知らないで番組を観た人たちから“批判殺到した”というネット報道がされてしまった」(エンタメ誌ライター)

 アイドルの握手会にうとい人、慣れてない人が見たら確かにびっくりなイベント風景だったかも。でも記者いわく、批判殺到よりも「むしろ称賛のほうが多い」のだとか。

「いろいろ調べてみるとブーイングはごくわずかですね。熱心なファンでなくても、彼女のキャラは浸透してますし、表面上は塩対応しながらしっかり両手で握手してる光景に、『ファンもあえてそう対応してもらいたいはず』『言葉と裏腹にガッツリ笑顔で握手してて好印象』『握手会に付加価値をつけてる』という意見が大多数です。齋藤の場合、本当に冷たいというより、少しはにかみながらファンを突き放す表情をしますし、それが可愛いという声は圧倒的に多い」(前出・エンタメ誌ライター)

 乃木坂46では人気メンバーはあまりに多忙な場合など、握手会を免除されることもある。しかし、齋藤は握手会を欠席しないことでも有名。9月に交通機関の乱れで欠席した時も、ファンの間で「珍しい」「体は大丈夫?」と話題になったほど。実はマジメな握手会アイドル。今回、表面的な見方だけでとりあえず批判してしまったのは、拙速だったと言えそうだ。

(山田ここ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
松坂慶子が岩場で激しく「慰め行為」!/美女「野外情交」シーン大全(3)