芸能

橋本環奈の“毒舌マネージャー”vsファンとの「バトル」が招く「吉凶」

 担当マネージャーの毒舌は、タレントにとって吉と出るか、それとも凶と出るか。女優の橋本環奈のマネージャーがインスタグラム上で、生配信ライブの開催をめぐって、ファンと激しい舌戦を繰り広げている。

 騒動となったのは、多忙を極める橋本に代わり、マネージャーによってオフショットなどを「気まぐれ更新」するという橋本環奈マネージャーの公式インスタグラムアカウント「kannahashimoto.mg」でのマネージャーvsファンのやり取りだ。同アカウントの説明欄には〈緩やかに更新しますので温かく見守って下さい〉との注意書きが添えられており、その更新頻度については一定の理解を求めているが、12月3日の投稿コメント欄ではとあるファンから〈インスタライブ全然やってくれないじゃないですか?!〉とのクレーム書き込みが寄せられた。

 これに同アカウントを運営するマネージャーが〈あなたには理解できないほど環奈は忙しんでスケジュールと相談中なんですわ。皆さん理解して待って下さってる中で大騒ぎして急かしているのあなただけですよ。私は急かされるとやる気なくすタイプなんでねぇ〉と“応戦”。すると、先ほどのクレームを入れたファンからまたもや〈はやくインスタライブやって欲しいですけどね!やるって言ってから1ヶ月以上経ってます!〉との返事が再度書き込まれ、最終的にはマネージャー側も〈いつやる?って提案しただけでやるとは一言も言っていません。ただ、楽しみにして頂いていることは伝わりました。もう少しお待ち下さいね〉となだめるように沈静化させている。

「SNSの更新すらも手につかないほどに多忙だという橋本環奈ですが、ツイッターアカウントは本人が運営しており、フォロワーも137万人以上を誇ります。ですが、その更新頻度は確かに少なく、インスタのように写真投稿がメインのSNSであれば、焦って画像を掲載すると“写ってはいけない”ものが入り込むなどのトラブルで個人情報漏洩にもつながりかねないため、第三者に委託するのも致し方ないでしょう」(エンタメ誌ライター)

 では、マネージャーがファンと舌戦を展開させるというのは橋本環奈にはどんな影響があるだろうか?

「もちろんファンと平和的な関係性を築くことが理想的ではありますが、橋本に限らず、タレントや芸能人にインスタのライブやツイッターの生配信を急かすファンは至る所で散見され、タレント本人がヘタな対応をしてついつい口調が荒くなることで、ファン離れを起こしている者もいます。今回のケースで言えば、橋本の多忙さに理解を示さないファンとの“喧嘩”が橋本環奈本人でなく、マネージャーであったことは幸いで、女性アイドルであれば本人が激しい口調でファンと舌戦することは大きなマイナスイメージになってしまいます。極端な表現をするなら、マネージャーが代わりに嫌われ役を買って出ることで、マナーの悪いファンに注意するという手段は、橋本本人のブランドを傷付けずに済むわけですからね」(前出・エンタメ誌ライター)

 とはいえ、やり過ぎは禁物。良くも悪くもタレントとマネージャーは一心同体とのイメージもあり、多忙を極めるほどに充実した橋本の快進撃を邪魔するような振る舞いがあってはならない。“毒舌マネージャー”もファンとの舌戦程度に抑えておくのが無難といえるだろう。

(木村慎吾)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    【緊急座談会】中年世代にど真ん中の夏カジュアルはあるのか!?

    Sponsored
    182685

    40代ともなると違和感を感じ始めるのが、休日のカジュアルファッションだ。体型が変わったり、若い頃に着ていた服が似合わなくなったり「何を着たらいいか分からなくなる」のがこの世代の特徴。昔ほどお金をかけるわけにもいかず、とりあえず安価なユニクロ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    クラファン発!最先端サプリ「スパルトT5」の実力と評判とは?

    Sponsored
    182842

    コロナ禍は、生活様式も働き方も大きく変えた。「仕事帰りにちょっと一杯」も難しくなった今、ビジネスの最前線で活躍する現役世代を蝕む過大なストレスが問題となっている。そんな精神的負担も原因なのか、これまで高齢男性に多かった“夜の悩み”を訴える3…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

注目キーワード

人気記事

1
「木村文乃のバストを揉みしだく」東出昌大との驚愕映像に羨望の声!
2
真木よう子、「Gバストがお腹に乗ってる」なド迫力オフショットにファン騒然
3
木村文乃、“艶気なし”指摘を吹き飛ばす「前かがみ水着バスト渓谷」の破壊力!
4
本田望結、ボディ成長と美人化がどんどん進む!ファンも困惑の“ノビシロ”
5
皆藤愛子“復活”で注目を集めた色白“透け衣装バスト”の膨らみ具合