芸能

知りたくなかった!野性爆弾くっきー、妻への求婚秘話に世の女性がドン引き

 これは言わないほうがよかった!?

 野性爆弾のくっきーが12月16日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。04年に結婚した妻との結婚を決めたきっかけについて明かしている。

 くっきーは同じ1995年にデビューした同期であるチュートリアルの徳井義実、次長課長の井上聡と対談。芸風だけでなく、独特のタッチで描かれる絵画も話題となっていたが、やはりその結婚エピソードも一般的には考えられないような内容だった。

 くっきーは29歳で結婚し、現在は2児の父だが、結婚を決めた理由については「同棲してたんやけど」と前置きして不貞が「バレて」と、夫人との同棲期間中に自身が別の女性に気持ちが動いたことがバレたことがきっかけと説明。なんでも、不貞相手から電話が来たことで発覚したいというが、くっきーは「女ができたんや」と逆に開き直って部屋で酒を飲み始めたという。

 すると、もともとくっきーとの結婚願望をあったという夫人は泣き始め、しまいには過呼吸になってしまったのだとか。そのため、くっきーも「オレ、どないしていいかわからんからさ、最初、ペンライトを持ってきて目を見たりしていた」と、パニック状態に陥ってしまったとのこと。

 いろいろ試してみたが夫人の過呼吸は治らなかったため、最終手段として夫人を抱きしめて、「結婚しよう」と伝えたところ、過呼吸は収まったそうだ。そういった経緯からくっきーは自身の結婚を「レスキューウエディング」とネーミングをつけ、徳井たちの笑いを誘っていた。

 しかし、まったくと言っていいほどあこがれるようなプロポーズではないこともあって、世の女性たちからは「これはガチで最低」「朝の番組でこんな話聞きたくない」「独特な人だとは思ってたけど、正直これは引いた」「何がレスキューウェディングだよ」など、批判の声が上がっている。

「このレスキューウエディングを挙げた当時のくっきーは全然仕事もなく、月10万円もらえていたらいいほうだったそう。7年間の同棲生活を経て、結婚していますが、そんな売れない芸人を支えてくれていた夫人にはもっと感動的な形でプロポーズして欲しかったですね。ただ、こんな状況でもプロポーズをOKをしてくれたということを考えれば、夫人はよほどくっきーのことが好きだったのでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 これでくっきーが売れてもいなかったら、奥さんがただただ気の毒だったが、とりあえずは今年大ブレイクしたことで奥さんも少しは救われた?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
2
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
3
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!
4
茂木健一郎、鼻マスク受験生“頑な擁護”で想起される「松本人志とのイザコザ」
5
太川陽介「バス旅」パートナーの意外過ぎる人選と懸念ポイント