芸能

知りたくなかった!野性爆弾くっきー、妻への求婚秘話に世の女性がドン引き

 これは言わないほうがよかった!?

 野性爆弾のくっきーが12月16日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。04年に結婚した妻との結婚を決めたきっかけについて明かしている。

 くっきーは同じ1995年にデビューした同期であるチュートリアルの徳井義実、次長課長の井上聡と対談。芸風だけでなく、独特のタッチで描かれる絵画も話題となっていたが、やはりその結婚エピソードも一般的には考えられないような内容だった。

 くっきーは29歳で結婚し、現在は2児の父だが、結婚を決めた理由については「同棲してたんやけど」と前置きして不貞が「バレて」と、夫人との同棲期間中に自身が別の女性に気持ちが動いたことがバレたことがきっかけと説明。なんでも、不貞相手から電話が来たことで発覚したいというが、くっきーは「女ができたんや」と逆に開き直って部屋で酒を飲み始めたという。

 すると、もともとくっきーとの結婚願望をあったという夫人は泣き始め、しまいには過呼吸になってしまったのだとか。そのため、くっきーも「オレ、どないしていいかわからんからさ、最初、ペンライトを持ってきて目を見たりしていた」と、パニック状態に陥ってしまったとのこと。

 いろいろ試してみたが夫人の過呼吸は治らなかったため、最終手段として夫人を抱きしめて、「結婚しよう」と伝えたところ、過呼吸は収まったそうだ。そういった経緯からくっきーは自身の結婚を「レスキューウエディング」とネーミングをつけ、徳井たちの笑いを誘っていた。

 しかし、まったくと言っていいほどあこがれるようなプロポーズではないこともあって、世の女性たちからは「これはガチで最低」「朝の番組でこんな話聞きたくない」「独特な人だとは思ってたけど、正直これは引いた」「何がレスキューウェディングだよ」など、批判の声が上がっている。

「このレスキューウエディングを挙げた当時のくっきーは全然仕事もなく、月10万円もらえていたらいいほうだったそう。7年間の同棲生活を経て、結婚していますが、そんな売れない芸人を支えてくれていた夫人にはもっと感動的な形でプロポーズして欲しかったですね。ただ、こんな状況でもプロポーズをOKをしてくれたということを考えれば、夫人はよほどくっきーのことが好きだったのでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 これでくっきーが売れてもいなかったら、奥さんがただただ気の毒だったが、とりあえずは今年大ブレイクしたことで奥さんも少しは救われた?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    バーガーキングが「空き物件」募集「成約で10万円」太っ腹作戦の狙い

    ファーストフードチェーン「バーガーキング」が2月5日から、出店してほしい物件を応募フォームから送ると特典がもらえる「バーガーキングを増やそう」キャンペーンを開始した。紹介した物件に出店が決まった場合には、何と10万円がもらえるという。「同チ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
緊急帰国の「ツイてない男」メッツ・藤浪晋太郎が千載一遇のチャンスを逃して「命取り」に
2
「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」が奇跡の復活で…太川陽介のパートナーは「あの2人」目撃談
3
「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」への対抗失敗…フジテレビ情報番組「全国ネット化」を阻む悩ましい問題
4
開幕ローテが近づく中日・根尾昴に「芸能人じゃないんだから!」ツッコミが入る理由
5
【トップシークレット】ヤクルト・奥川恭伸が決断を迫られる「トミー・ジョン手術」長期離脱