芸能

知りたくなかった!野性爆弾くっきー、妻への求婚秘話に世の女性がドン引き

 これは言わないほうがよかった!?

 野性爆弾のくっきーが12月16日に放送されたトーク番組「ボクらの時代」(フジテレビ系)に出演。04年に結婚した妻との結婚を決めたきっかけについて明かしている。

 くっきーは同じ1995年にデビューした同期であるチュートリアルの徳井義実、次長課長の井上聡と対談。芸風だけでなく、独特のタッチで描かれる絵画も話題となっていたが、やはりその結婚エピソードも一般的には考えられないような内容だった。

 くっきーは29歳で結婚し、現在は2児の父だが、結婚を決めた理由については「同棲してたんやけど」と前置きして不貞が「バレて」と、夫人との同棲期間中に自身が別の女性に気持ちが動いたことがバレたことがきっかけと説明。なんでも、不貞相手から電話が来たことで発覚したいというが、くっきーは「女ができたんや」と逆に開き直って部屋で酒を飲み始めたという。

 すると、もともとくっきーとの結婚願望をあったという夫人は泣き始め、しまいには過呼吸になってしまったのだとか。そのため、くっきーも「オレ、どないしていいかわからんからさ、最初、ペンライトを持ってきて目を見たりしていた」と、パニック状態に陥ってしまったとのこと。

 いろいろ試してみたが夫人の過呼吸は治らなかったため、最終手段として夫人を抱きしめて、「結婚しよう」と伝えたところ、過呼吸は収まったそうだ。そういった経緯からくっきーは自身の結婚を「レスキューウエディング」とネーミングをつけ、徳井たちの笑いを誘っていた。

 しかし、まったくと言っていいほどあこがれるようなプロポーズではないこともあって、世の女性たちからは「これはガチで最低」「朝の番組でこんな話聞きたくない」「独特な人だとは思ってたけど、正直これは引いた」「何がレスキューウェディングだよ」など、批判の声が上がっている。

「このレスキューウエディングを挙げた当時のくっきーは全然仕事もなく、月10万円もらえていたらいいほうだったそう。7年間の同棲生活を経て、結婚していますが、そんな売れない芸人を支えてくれていた夫人にはもっと感動的な形でプロポーズして欲しかったですね。ただ、こんな状況でもプロポーズをOKをしてくれたということを考えれば、夫人はよほどくっきーのことが好きだったのでしょうね」(エンタメ誌ライター)

 これでくっきーが売れてもいなかったら、奥さんがただただ気の毒だったが、とりあえずは今年大ブレイクしたことで奥さんも少しは救われた?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「絶対負けたくない」NHK上原光紀が“ライバル心をムキ出しにした”先輩アナ
2
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
3
ローラ、インスタ公開した“胸の渓谷ショット”がいろいろな意味で深すぎ!
4
唐橋ユミ、奇抜衣装も好感が持たれた“隠れEカップ”と癒やしキャラの健在!
5
槇原敬之、二度目の逮捕で「松本人志のコメント」が注目必至の深いワケ!