芸能

バストは健在!真木よう子、移籍後一発目ドラマより強烈印象だった「復活ボディ」

 主演ドラマ爆死、ツイッター炎上、ドタキャン騒動、事務所独立と、この1~2年、ドタバタ続きだった女優・真木よう子だが、9月末に大手芸能プロのレプロエンタテインメントとのマネジメント契約を結んだことが明らかになり、やっと落ち着いて仕事に打ち込める環境が整った。

「移籍第一弾が、主演を務めた12月15日放送のNHKドラマ『炎上弁護士』。なんとSNSの炎上がテーマで、自身も経験者であることから、その演技が注目されました。ただ、単発の1時間ドラマで、真木についての印象は、そう極端なものはなく、可もなく不可もなくといったところ。むしろストーリー展開についての賛否が飛び交っていました」(テレビ誌記者)

 そんな真木は、12月5日発売の週刊文春のグラビア企画「原色美女図鑑」に登場。真木といえば出世作となった映画「ヴェロニカは死ぬことにした」で見せた、Fカップバストに熱い視線が注がれてきたが、そのグラビアでも、ポテンシャルを堂々と十二分に見せつけてくれた。

「ボディラインを強調するようなニットのワンピース姿で、あの巨大バストをアピール。驚くべきは、白い壁に映るドーンと高くそびえる富士山のような影で、真木のバストの魅力がより立体的に表現されたみごとな一枚。一時は“激やせ”も噂され、バストがしぼんだとも言われましたが、コンディションは上々であることがよくわかりましたよ」(芸能記者)

 世界遺産にもなった日本一の山を連想させるとはさすが。しかし、大手プロのバックアップを受けているとはいえ、本当の勝負はこれからだという。

「真木本人、小難しい役が苦手とされ、移籍第一弾ということで気合を込めて苦手な弁護士役を引き受けたという。来年1月期の主演ドラマ『よつば銀行原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京系)までは決まっていますが、その後については各局、様子を見ている状態。今回の『炎上弁護士』をまずは肩慣らしに次回の連ドラでの結果が重要でしょう」(ドラマ制作会社関係者)

 バストとともに、今後の女優としての活躍に注目だ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
欅坂46、日本武道館公演に一部ファンが「こんな“最後”は…」当惑声のワケ
2
ナマ派?つける派?NEWS手越祐也の「下半身事情」が明らかに!
3
すずを追い越すか?業界評が急上昇の広瀬アリスに「周囲がピリピリ」の理由!
4
視聴率撃沈の大河「いだてん」に大幅なテコ入れができない理由があった!?
5
乃木坂46秋元真夏、「芸能界引退後の夢」告白にファンも全力応援モード!