芸能

バストは健在!真木よう子、移籍後一発目ドラマより強烈印象だった「復活ボディ」

 主演ドラマ爆死、ツイッター炎上、ドタキャン騒動、事務所独立と、この1~2年、ドタバタ続きだった女優・真木よう子だが、9月末に大手芸能プロのレプロエンタテインメントとのマネジメント契約を結んだことが明らかになり、やっと落ち着いて仕事に打ち込める環境が整った。

「移籍第一弾が、主演を務めた12月15日放送のNHKドラマ『炎上弁護士』。なんとSNSの炎上がテーマで、自身も経験者であることから、その演技が注目されました。ただ、単発の1時間ドラマで、真木についての印象は、そう極端なものはなく、可もなく不可もなくといったところ。むしろストーリー展開についての賛否が飛び交っていました」(テレビ誌記者)

 そんな真木は、12月5日発売の週刊文春のグラビア企画「原色美女図鑑」に登場。真木といえば出世作となった映画「ヴェロニカは死ぬことにした」で見せた、Fカップバストに熱い視線が注がれてきたが、そのグラビアでも、ポテンシャルを堂々と十二分に見せつけてくれた。

「ボディラインを強調するようなニットのワンピース姿で、あの巨大バストをアピール。驚くべきは、白い壁に映るドーンと高くそびえる富士山のような影で、真木のバストの魅力がより立体的に表現されたみごとな一枚。一時は“激やせ”も噂され、バストがしぼんだとも言われましたが、コンディションは上々であることがよくわかりましたよ」(芸能記者)

 世界遺産にもなった日本一の山を連想させるとはさすが。しかし、大手プロのバックアップを受けているとはいえ、本当の勝負はこれからだという。

「真木本人、小難しい役が苦手とされ、移籍第一弾ということで気合を込めて苦手な弁護士役を引き受けたという。来年1月期の主演ドラマ『よつば銀行原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~』(テレビ東京系)までは決まっていますが、その後については各局、様子を見ている状態。今回の『炎上弁護士』をまずは肩慣らしに次回の連ドラでの結果が重要でしょう」(ドラマ制作会社関係者)

 バストとともに、今後の女優としての活躍に注目だ。

(露口正義)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
日本ハム・新庄監督が名誉挽回で動く「坂本勇人&マー君」ダブル獲りのサプライズ
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
5
森口博子が「ああん…何か変な気持ちになってきました」苦情殺到の生放送事故