芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2018下半期(2)ハズキルーペになりたい

 1回インタビューしたら、本当に真っ当ないい子なんですよ。本人に邪心はまったくないから。

 そう思う。あと、新興の金持ちに皆さんがエラく反感を向けるのがやっぱり。

 みんな嫌いすぎなんですよね。

 でもさ、本当にタチが悪いのは、昔からの金持ちだからね。

 財閥だ(笑)。

 「調子に乗っている」とか皆さん文句言うけど、何、それ?

 前澤さんのくさし方もあれだと思うのがあって、西原理恵子さん、「売れないバンド崩れ前澤友作」と。いや、ハードコア的な世界ではかなりの実績を持った、ちゃんとした人ですよ。

 そうなんだ。それでこんな商業的成功も収めてるって、すごいじゃん。

 ハードコアのCDの通販から始まってるんですよ、ZOZOって。海外の入手しにくいCDをいかに簡単に通販できるかみたいなシステムから起業して。

 マックス松浦さんが最初は貸レコード店の店員で、情熱あふれるポップを書いていた、みたいな話で。

 「スタートトゥデイ」というのも、USハードコアのバンドの名盤のタイトル。だから、完全にその魂でやってる人なんですよ。

 なるほどね。それ聞くとまた全然印象変わりますね。西原さん、なんでそんな意地悪なこと言うんですかね。つきあってる人のせい!?

 ハハハ。バンド知識が致命的にないと思うけど。そして「スナック玉ちゃん」と紀州のドン・ファン家政婦問題。

 これ、スナック玉ちゃんの実店舗じゃなくてイベントでの話ね。カラオケコーナーに出てくれる歌姫を探してたわけよ。ラジオで知り合ったスナックの大ママが「ウチの娘、歌手やってんのよ」ということで、その娘を歌姫にしたの。そしたら、イベントにいつも親子で来てくれてね。お母さんも派手で。俺と仕事やってる時は全然、普通のおばちゃんだった。報道ではモザイクがずっとかかってたけど、ある日、モザイクの剥がれた画像見て腰抜けたよ。「ワア、家政婦だ!」って。

 すごいですね、その玉さんの引きも。

 いや、まさかドン・ファンと俺もつながるとは思わなかったね。ハズキルーペ。なんで今年の流行語にハズキルーペ、入ってねえんだよ。世のMっ気のある男はみんな、「次、生まれ変わるならハズキルーペに生まれ変わりたい」って思ってる。

 美女に踏まれたいって。

 うん。顔面騎乗をされたいっていう願望。

 顔騎。

 昔、「象が踏んでも壊れない」っていうのがあったけどさ。

 象に踏まれても楽しくないですもんね。ムツゴロウぐらいですよ、喜ぶの。

 BTSが原爆Tシャツ着用で大問題に。そんなこと言ったら大木金太郎はどうなっちゃうんだ?

 プロレス界のリテラシーの低さって、すごいですよ。なんでそんなに簡単に「原爆」多用するんだろうって。

 大木金太郎なんか、今なら放送禁止だぜ、昔の試合とか。あのガウン。

 ヤバイですよね。ガウンがきのこ雲の絵柄なんですよ。

 なるほど。へえー。

 で、原爆頭突きを繰り返す韓国人って。

 より時代的に生々しいはずだった時にそんなことやってる。

 十朱幸代が西城秀樹との熱愛を告白本で明らかに。

 実名は出してないんですけど、秀樹のことを言ってるのは間違いない。

 昔ね、3人組の芸人・AKIKOがライブを銀座でやった時、俺ら観に行ったんだけど、そしたら客席にいたもんね。

 2人で?

 そう。秀樹さんの膝の上で十朱さん、ライブ観てたからね。

 マジで? じゃあもう公然の。

 AKIKOは秀樹さんと仲がよくて、舞台から「秀樹さん、ありがとう!」って言ってた。で、感激してたよ、秀樹。

 秀樹、感激ですか(笑)。

 よくできたもので。

<座談会参加者>

玉袋筋太郎:1967年生まれ。東京都出身。現在「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「人生酒場~唄は夜につれママにつれ」(TOKYO MXほか)、「別冊アサ“秘”ジャーナル」(TBS)、「ぴったんこカン・カン」(TBS)、「たまむすび」(TBSラジオ)、「玉ちゃんのおとこの作法」(ラジオ関西)、「たまきよのミッドナイトで乾杯!」(SPEEDチャンネル)などに出演中。一般社団法人全日本スナック連盟会長。

吉田豪:1970年生まれ。東京都出身。プロ書評家、プロインタビュアー、ライター。徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、取材対象についての知識は本人をもしのぐと言われる。「男気万字固め」、「人間コク宝」シリーズ、「サブカル・スーパースター鬱伝」「吉田豪の喋る!!道場破りプロレスラーガチンコインタビュー集」など、多数手がけている。

宇多丸:1969年生まれ。東京都出身。1989年、大学在学中に「ライムスター」を結成。日本ヒップホップの黎明期よりシーンを牽引し、ますます旺盛に活躍中。07年に「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)でラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。09年、第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。現在は「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)などに出演中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
マツコが正解じゃん!?N国党・立花党首の「崎陽軒叩き」に横浜市民ブチ切れ
2
アレ、胸が…!? 宇垣美里、可憐なワンピース姿に世の男性たちが目を疑った理由
3
前と横、後ろから!土屋太鳳「Fカップボディをまるごと味わえる投稿」が大好評
4
宮迫博之と入江慎也がシェアする「中目の女」のテクに吉本芸人がメロメロに!
5
土屋太鳳、絶賛相次ぐ“タオ胸”解禁行動で見えてきた「色香戦略の真意」とは?