芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2018下半期(2)ハズキルーペになりたい

 1回インタビューしたら、本当に真っ当ないい子なんですよ。本人に邪心はまったくないから。

 そう思う。あと、新興の金持ちに皆さんがエラく反感を向けるのがやっぱり。

 みんな嫌いすぎなんですよね。

 でもさ、本当にタチが悪いのは、昔からの金持ちだからね。

 財閥だ(笑)。

 「調子に乗っている」とか皆さん文句言うけど、何、それ?

 前澤さんのくさし方もあれだと思うのがあって、西原理恵子さん、「売れないバンド崩れ前澤友作」と。いや、ハードコア的な世界ではかなりの実績を持った、ちゃんとした人ですよ。

 そうなんだ。それでこんな商業的成功も収めてるって、すごいじゃん。

 ハードコアのCDの通販から始まってるんですよ、ZOZOって。海外の入手しにくいCDをいかに簡単に通販できるかみたいなシステムから起業して。

 マックス松浦さんが最初は貸レコード店の店員で、情熱あふれるポップを書いていた、みたいな話で。

 「スタートトゥデイ」というのも、USハードコアのバンドの名盤のタイトル。だから、完全にその魂でやってる人なんですよ。

 なるほどね。それ聞くとまた全然印象変わりますね。西原さん、なんでそんな意地悪なこと言うんですかね。つきあってる人のせい!?

 ハハハ。バンド知識が致命的にないと思うけど。そして「スナック玉ちゃん」と紀州のドン・ファン家政婦問題。

 これ、スナック玉ちゃんの実店舗じゃなくてイベントでの話ね。カラオケコーナーに出てくれる歌姫を探してたわけよ。ラジオで知り合ったスナックの大ママが「ウチの娘、歌手やってんのよ」ということで、その娘を歌姫にしたの。そしたら、イベントにいつも親子で来てくれてね。お母さんも派手で。俺と仕事やってる時は全然、普通のおばちゃんだった。報道ではモザイクがずっとかかってたけど、ある日、モザイクの剥がれた画像見て腰抜けたよ。「ワア、家政婦だ!」って。

 すごいですね、その玉さんの引きも。

 いや、まさかドン・ファンと俺もつながるとは思わなかったね。ハズキルーペ。なんで今年の流行語にハズキルーペ、入ってねえんだよ。世のMっ気のある男はみんな、「次、生まれ変わるならハズキルーペに生まれ変わりたい」って思ってる。

 美女に踏まれたいって。

 うん。顔面騎乗をされたいっていう願望。

 顔騎。

 昔、「象が踏んでも壊れない」っていうのがあったけどさ。

 象に踏まれても楽しくないですもんね。ムツゴロウぐらいですよ、喜ぶの。

 BTSが原爆Tシャツ着用で大問題に。そんなこと言ったら大木金太郎はどうなっちゃうんだ?

 プロレス界のリテラシーの低さって、すごいですよ。なんでそんなに簡単に「原爆」多用するんだろうって。

 大木金太郎なんか、今なら放送禁止だぜ、昔の試合とか。あのガウン。

 ヤバイですよね。ガウンがきのこ雲の絵柄なんですよ。

 なるほど。へえー。

 で、原爆頭突きを繰り返す韓国人って。

 より時代的に生々しいはずだった時にそんなことやってる。

 十朱幸代が西城秀樹との熱愛を告白本で明らかに。

 実名は出してないんですけど、秀樹のことを言ってるのは間違いない。

 昔ね、3人組の芸人・AKIKOがライブを銀座でやった時、俺ら観に行ったんだけど、そしたら客席にいたもんね。

 2人で?

 そう。秀樹さんの膝の上で十朱さん、ライブ観てたからね。

 マジで? じゃあもう公然の。

 AKIKOは秀樹さんと仲がよくて、舞台から「秀樹さん、ありがとう!」って言ってた。で、感激してたよ、秀樹。

 秀樹、感激ですか(笑)。

 よくできたもので。

<座談会参加者>

玉袋筋太郎:1967年生まれ。東京都出身。現在「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「人生酒場~唄は夜につれママにつれ」(TOKYO MXほか)、「別冊アサ“秘”ジャーナル」(TBS)、「ぴったんこカン・カン」(TBS)、「たまむすび」(TBSラジオ)、「玉ちゃんのおとこの作法」(ラジオ関西)、「たまきよのミッドナイトで乾杯!」(SPEEDチャンネル)などに出演中。一般社団法人全日本スナック連盟会長。

吉田豪:1970年生まれ。東京都出身。プロ書評家、プロインタビュアー、ライター。徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、取材対象についての知識は本人をもしのぐと言われる。「男気万字固め」、「人間コク宝」シリーズ、「サブカル・スーパースター鬱伝」「吉田豪の喋る!!道場破りプロレスラーガチンコインタビュー集」など、多数手がけている。

宇多丸:1969年生まれ。東京都出身。1989年、大学在学中に「ライムスター」を結成。日本ヒップホップの黎明期よりシーンを牽引し、ますます旺盛に活躍中。07年に「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)でラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。09年、第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。現在は「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)などに出演中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声