芸能

輝く!有名人スキャンダル大賞2018下半期(6)「浅草キッドは解散しない」

 メイウェザーvs那須川天心。これはどういうことなんですか?

 「エキシビジョン契約だ」みたいなことをメイウェザー側は言っていて。まあ、そうじゃないと乗っかってこないだろうし。でも、エキシビジョンで何かやらかしたら、それはそれで大問題にはなるわけで。

 100億、200億を稼ぐヤツだからね。

 猪木さんが、アリを極められる瞬間があっても極めなかったのはなぜなのか、みたいな話ですよね。

 ああ、そういうことか。相手を立てないといけない。

 やれたけども、やらなかったことで人間関係がその後も続いていったけど、もしやってたらどうなってたかわからないという。

 そうだろうね。

 なるほどね。注目は集めるし、客は呼べるけど、そういう意味ではやる側は生きた心地がしない?

 デリケートだから、それを踏まえて見るとまたおもしろいんだよね。もうフジテレビの社屋が抵当に入ってるっていう話だよね、これ、ファイトマネーが(笑)。

 フジテレビが払えるわけないですよ。

 ヤバイ。おもしろいな、それはそれで(笑)。

 まず、あの球体を売る。

 アハハハハ。あそこだけなくなるんですか。ボランティアレスラー・大仁田の試合観ましたよ。大仁田とターザン山本の絡み。

 どうだったのよ?

 いや、ビックリしました。大仁田、今や全然「すごい」モードを出してないんですよ。この前のアイドルプロレス団体の旗揚げの時は、入場でなぜか横に女性が付いて来てるんですよ。マネージャー役か何かと思ったら、「彼女はものまねタレントで、彼女のものまねを聞いてくれ」。えっ、入場の直後でそれ言いますか? 休憩時間にやってよっていう。

 スナックにいる不動産屋のタニマチと同じだよ、それ。

 愛人か何か?

 いや、「俺も一時期、太田プロにいたからさ。太田プロのものまね芸人だ」「指原さんのものまねしまーす」って。何だこれ? っていう。そのあとでターザン山本組の入場(笑)。

 東幹久がセクハラ防止啓発ポスターに抜擢。しかし、この人選はすごいな。あの東幹久だろ? それを逆手取ってんのかなって考えちゃうけど、逆手には取ってねえんだよ。

 「ワンダフル」(TBS)での乱交騒動ありましたね。当時、司会の東幹久、TOKIO、いしだ壱成、武田真治らの名前が報道されましたけど。

 あの番組に出てた「ワンギャル」と呼ばれてたグラドルたちも一緒にな。

 問題の乱交マンションですよ。

 あの騒動で、志賀(大士)アナだけが責任を取って異動になって、後任が安東(弘樹)さんだから。

 ああ、そうか。

 安東さん、田舎のバス停でバスを待ってたんだって。そうしたら地元の中学生が来て、「安東さーん、ワンギャルとヤッてるんでしょー」「俺はヤレなかったチームだ!」って(笑)。

 アハハハハハ、ヤッたあとの尻拭いやらされてるんだよって。

 焼け野原。ぺんぺん草も生えてねえんだって。

 水道橋博士、休養。玉さん、公式コメントをください。

 ねえ。

 ねえって(笑)。

 いいんだよ、俺と博士の関係は。だって古いんだから。誰よりも俺と博士って古いわけでしょ。俺が17歳で博士が22歳。その頃から知ってるわけだから、俺と博士の間には誰も入れねぇんだよ。たとえ、お互いの女房だろうが家族だろうが。ということかな。

 事務所が別々になろうがどうしようが。

 それは2人の関係だから。

 誤解されてニュースになってましたね。

 そう。俺のかみさんがさ、突然入院しちゃったわけよ。それでツイッターに「1人になると寂しいなあ」なんて書いてさ。寂しいよ、そりゃ。1人じゃ何にもできないんだから。「パートナーって大事だぞ」って書いたら、バカなスポーツ新聞がさ、それを博士のことだと思って書きやがったんだよ。もう嫌になっちゃってさ。

 2018年は本当にね。

 激動でしたよ。

 スキャンダル大賞だよ。博士っていうか、浅草キッドじゃないですか。

 「浅草キッド、ヒッチャカメッチャカ」で。

 2人ですね。「浅草キッド、永遠なれ!」という感じですかね。

 解散なんかしないよ。そう考えると、きよし師匠のたくましさだね。まだ言ってるからね。「お前、酵素って知ってるか? 名古屋によー、すげえ社長がいっからよ」だって。もうあれぐらいタフネスにならなきゃダメ、人間は。

<座談会参加者>

玉袋筋太郎:1967年生まれ。東京都出身。現在「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「人生酒場~唄は夜につれママにつれ」(TOKYO MXほか)、「別冊アサ“秘”ジャーナル」(TBS)、「ぴったんこカン・カン」(TBS)、「たまむすび」(TBSラジオ)、「玉ちゃんのおとこの作法」(ラジオ関西)、「たまきよのミッドナイトで乾杯!」(SPEEDチャンネル)などに出演中。一般社団法人全日本スナック連盟会長。

吉田豪:1970年生まれ。東京都出身。プロ書評家、プロインタビュアー、ライター。徹底した事前調査をもとにしたインタビューに定評があり、取材対象についての知識は本人をもしのぐと言われる。「男気万字固め」、「人間コク宝」シリーズ、「サブカル・スーパースター鬱伝」「吉田豪の喋る!!道場破りプロレスラーガチンコインタビュー集」など、多数手がけている。

宇多丸:1969年生まれ。東京都出身。1989年、大学在学中に「ライムスター」を結成。日本ヒップホップの黎明期よりシーンを牽引し、ますます旺盛に活躍中。07年に「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」(TBSラジオ)でラジオ・パーソナリティとしてもブレイク。09年、第46回ギャラクシー賞「DJパーソナリティ賞」を受賞。現在は「バラいろダンディ」(TOKYO MX)、「アフター6ジャンクション」(TBSラジオ)などに出演中。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(上)
2
木下優樹菜、ついにバレた!?“オンナ版・渡部建”な乱倫素顔(中)
3
佐々木希じゃ1分もたない?渡部建が不貞報道で最も失笑を買った“即昇天”
4
人前で夜の営みを!?沢尻エリカ、「18歳からクスリ漬け&ハメまくり生活」の衝撃
5
明石家さんま“ユーチューバー嫌い”でも「水溜りボンド」だけは心許したワケ