芸能

ライバル美女たちの「因縁ラプソディ」(8)丸山桂里奈×鈴木奈々

 バラエティー界に「下ネタ女王」が降臨し、ひな壇を巡る女性タレントの勢力図が変わろうとしている。絶対女王の鈴木奈々(30)もその座をおびやかされ、焦りを隠さないのだった。

 18年11月30日に放送されたバラエティー番組「金曜☆ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)に出演した元なでしこジャパンの丸山桂里奈(35)の発言が話題になっている。共演者から経験人数を聞かれると、こう即答した。

「7人です」

 スタジオがどよめく中、これに対抗心を燃やしたのが鈴木だ。

「言わせてください! 一番のライバルなんで」

 と宣言すると、少し間を空けて、

「6人です」

 負けじと告白したのだ。 先にバラエティー界で頭角を現したのは、女性ファッション誌のモデルとして活動していた鈴木だった。芸能ライターの尾谷幸憲氏が言う。

「もともとバラエティー番組では、元モーニング娘。の矢口真里(35)が引っ張りだこでしたが、不倫発覚でその枠が空いた。そこを、『おバカキャラ』で台頭した鈴木が奪い取ったのです」

 過去には、森三中の大島美幸(38)が、「モデルの顔した芸人」と恐れるほど、女性芸人からも一目置かれている鈴木。その隙に現れたのが、16年にサッカー選手として引退後、タレントに転向した丸山だった。

「鈴木と丸山を比べた時、芸能活動が長い鈴木のほうが、空気を読んで対応する能力は高い。丸山はタレントの上下関係とか、芸能界の仕組みをよくわかっていないので、周りを気にせずに自分だけ突っ走るのですが、それが予測不能で逆におもしろいんです」(尾谷氏)

 丸山の武器は、フォワードだった現役時代さながら、果敢にグイグイ攻める下ネタ話だろう。

「来る者拒まず、来られたら1回は受け入れる」

「(元彼が)夜の営みをする時に、全身タイツを着る性癖」

 などと、その桃色発言は枚挙にいとまがない。芸能評論家の織田祐二氏も高く評価する。

「丸山のすごさは、どんな一般人でもツイッターで彼女に関することをつぶやけば、返してくるところ。私がつぶやいた時も、返信があって驚きました。寛容というか、それをきっかけにして本人と出会えるチャンスがあるかも、と期待しちゃう一般人はいるでしょう」

 ネット上でおサセ臭を発するところも、「下ネタ女王」の風格は十分。対する鈴木は、分が悪い状況に追いやられている。

「2人ともふだんから礼儀正しいので、現場スタッフの好感度は高い。鈴木は本気で丸山をライバル視していて、共演していない時でも丸山発言を気にしています。ただ、鈴木はバカを装っていますが、計算高いことでも知られている。一方で、丸山は“ホンモノ”なので、ロケ中に乳首がポロリしてもいとわない羞恥心が欠如しているのが素晴らしいんです」(放送作家)

 このまま新勢力にその座を奪われてしまうのか。尾谷氏の最終ジャッジは──。

「18年は丸山のほうが一枚上手。心配なのは、下ネタが尽きて、つらくなってもやり続けないといけないこと。そこもスポーツマンらしいですが(笑)。それでも丸山は伸びしろがありそうなので、同じ土俵で戦うなら、鈴木の影はどんどん薄くなるかもしれないですね」

 丸山の破壊力の前に、王座陥落の日は近いかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    悩める男性を2人が全力応援!YouTube番組「オトナの保健室」がいま話題に

    Sponsored
    249165

    30代後半あたりから悩む男性が急増するというAGA(男性型脱毛症)。「数年前の自分の写真と比べて生え際が後退している」、「風呂上りにドライヤーをかけると頭皮の見え具合がハンパない」など、気付くきっかけはさまざまだが、一度気になり始めると普段…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    「テーオーケインズを脅かす人気薄…」三冠騎手を育てた鬼教官のチャンピオンズC穴馬

    Sponsored
    236409

    ◆ワールドカップ以上の注目イベント!中東のカタールで行われているFIFAワールドカップは、日本代表が優勝候補のドイツに劇的な勝利。コスタリカ戦も終え、12月1日に注目のスペイン戦を控えている。決勝トーナメントに向け、森保監督の采配が注目され…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    1800万円VS100万円の戦い!JRA阪神ジュベナイルフィリーズに下剋上あり?

    Sponsored
    237214

    ◆男なら誰もが羨む話だが…競馬の面白いお金の話がある。それが種付け料だ。かつて産駒が数億円単位で売れていたディープインパクトの場合、1回の種付け料が4000万円に達したことがある。1度の種付けが家やマンションと同じ価値というのだから、リスク…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
WBC「大谷翔平がいくら活躍してもダメだった」日本テレビのホンネ裏事情
2
大阪「警察官を包丁で刺した男」無罪判決で浮上する「バカ判事騒動」再び
3
巨人が頭を抱える「WBC大活躍組」岡本・大勢・戸郷の「新たな野望」問題
4
薬物死!あの「押尾学事件」の被害者両親は賠償請求していなかった
5
はじめしゃちょーも…大人気YouTuberが「核シェルター」続々購入で日本人の危機意識が変わる