芸能

眠っていた祖父のDNAが動き出す?市川海老蔵、「團十郎襲名後」の危うさ!

 十三代目市川團十郎を襲名することが決まった市川海老蔵だが、祝福ムードをよそに梨園関係者の間では不安の声があがっている。

 襲名披露興行は来年5月から歌舞伎座で3カ月連続で開催された後に全国で行われ、“3カ月で30億円”と言われた父・十二代目の襲名時の興行を上回る一大祭典になることは間違いない。しかし、その後の“新團十郎”について、将来を危ぶむ声も少なくないのだ。

「海老蔵は“十一代目の再来”とも言われている。そのため、“できればその再来は芸の上だけにして欲しい”との声があちこちから聞こえてくるんです」

 こう語るのは、あるベテラン演劇記者。

 海老蔵の祖父である十一代目は昭和30年代に一時代を築いた名優だが、團十郎を襲名してからは特に、トラブルメーカーとしても有名だった。

「公演のドタキャンは当たり前。他家と揉め事を起こすなど、神経質の癇癪持ちで知られていました。海老蔵は、そんな祖父の難しい部分をダイレクトに受け継いでいると言われ、8年前に西麻布で絡まれた暴行事件は、いまだに記憶から消えてはいません。妻・小林麻央の早逝や子育てで“人が変わった”と言われていますが、“團十郎に上りつめた後が心配”との声は根強いんです」(前出・ベテラン演劇記者)

 そんな懸念をさらに増長させているのが、“お目付け役”の不在だ。

「父の十二代目の時には、十七代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、七代目尾上梅幸をはじめとする“厳しいおじさんが”いましたが、海老蔵にはそれがいない。坂東玉三郎は我が道を行くタイプだし、松本幸四郎、尾上菊五郎は自分の家が第一ですからね。團十郎を襲名したとたん、周囲を振り回さなければいいのですが」(興行関係者)

 眠っていた本性が現れるのか。杞憂に終わればいいが…。

(坂本市郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策