芸能

眠っていた祖父のDNAが動き出す?市川海老蔵、「團十郎襲名後」の危うさ!

 十三代目市川團十郎を襲名することが決まった市川海老蔵だが、祝福ムードをよそに梨園関係者の間では不安の声があがっている。

 襲名披露興行は来年5月から歌舞伎座で3カ月連続で開催された後に全国で行われ、“3カ月で30億円”と言われた父・十二代目の襲名時の興行を上回る一大祭典になることは間違いない。しかし、その後の“新團十郎”について、将来を危ぶむ声も少なくないのだ。

「海老蔵は“十一代目の再来”とも言われている。そのため、“できればその再来は芸の上だけにして欲しい”との声があちこちから聞こえてくるんです」

 こう語るのは、あるベテラン演劇記者。

 海老蔵の祖父である十一代目は昭和30年代に一時代を築いた名優だが、團十郎を襲名してからは特に、トラブルメーカーとしても有名だった。

「公演のドタキャンは当たり前。他家と揉め事を起こすなど、神経質の癇癪持ちで知られていました。海老蔵は、そんな祖父の難しい部分をダイレクトに受け継いでいると言われ、8年前に西麻布で絡まれた暴行事件は、いまだに記憶から消えてはいません。妻・小林麻央の早逝や子育てで“人が変わった”と言われていますが、“團十郎に上りつめた後が心配”との声は根強いんです」(前出・ベテラン演劇記者)

 そんな懸念をさらに増長させているのが、“お目付け役”の不在だ。

「父の十二代目の時には、十七代目中村勘三郎、二代目尾上松緑、七代目尾上梅幸をはじめとする“厳しいおじさんが”いましたが、海老蔵にはそれがいない。坂東玉三郎は我が道を行くタイプだし、松本幸四郎、尾上菊五郎は自分の家が第一ですからね。團十郎を襲名したとたん、周囲を振り回さなければいいのですが」(興行関係者)

 眠っていた本性が現れるのか。杞憂に終わればいいが…。

(坂本市郎)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
2
日テレ水卜麻美、「スッキリ」卒業で色白Eバスト求め視聴者も「ZIP!」大移動!?
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声
5
割れ目のドアップが?綾瀬はるか、「天国と地獄」で見せた“よつんばい”ポーズの衝撃!