芸能

水道橋博士と板尾創路、「才気煥発」芸人が若き日に乗り切った「警察沙汰」

 浅草キッドの水道橋博士が11月下旬から、体調不良によって芸能活動を休止している。本来の芸能の仕事に加えて、執筆活動にも意欲的で多くのファンがいるだけに、心配する声が多数上がっている。

 今では、インテリ芸人にカテゴライズされることが多い博士。そんな博士も、たけし軍団の急先鋒だった90年代には、警察沙汰になっている。女性誌記者は言う。

「罪名は道路交通法違反(免許証不正取得、返納義務違反)。96年10月に書類送検されて、芸能活動を7カ月間、停止しています。略式起訴されて、罰金10万円が科されました。やったことはといえば、“運転免許証の写真を笑えるものにする”という軍団の悪ノリ。免許証を紛失したと偽って3度再取得して、太まゆ毛を額の上に描いた写真、包帯やコルセットで顔を覆った写真、アフロヘアの写真と3種類も変えたんです」

 本来は返納すべき免許証を、笑いのネタとしてテレビ番組で公開したことで発覚。ところが、偶然にも、「進め!電波少年」(日本テレビ系)で猿岩石がヒッチハイクから帰国した時期と重なったため、ほとんど報じられなかった。にもかかわらず、テレビレギュラーは5本減。軍団の一員としては、むしろ勲章になったのかもしれない。

「他にも映画監督、俳優、エッセイストほか、多くの顔を持つマルチタレントの板尾創路は、94年に中学3年生だった少女と性的行為に及び、青少年健全育成条例違反容疑で逮捕されています。お相手が別件で補導されて、バレたんですが、板尾は少女に18歳以上だと伝えられていたせいもあって、当時は、あまりバッシングされませんでした。まだ当時は地元・関西のローカル芸人だったことも不幸中の幸いかもしれません」(前出・女性誌記者)

 板尾は17年、芥川賞受賞作品で後輩のピース・又吉直樹が書いた純文学作品「火花」の初映画化で監督を務めている。昨年は役者として、2本の映画に出演。独自の雰囲気と思考、演技力はもはや誰にもマネできない域に達している。

 博士、板尾は、若き日の警察沙汰から教訓を得てピンチを乗り切り、みごとに才能を開花させた「勝ち組芸人」だ。

(北村ともこ)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    塩試合を打ち砕いた!大谷の〝打った瞬間〟スーパー3ランにMLBオールスターが感謝

    日本時間の7月17日、MLBオールスター「ア・リーグ×ナ・リーグ」(グローブライフフィールド)は淡々と試合が進んでいた。NHK総合での生中継、その解説者で元MLBプレーヤーの長谷川滋利氏が「みんな早打ちですね」と、少しガッカリしているかのよ…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    新井貴浩監督が絶賛!劇画のような広島カープ野球の応援歌は「走れリュウタロー」

    プロ野球12球団にはそれぞれ、ファンに親しまれるチームカラーがある。今季の広島カープのチームカラーを象徴するシーンが7月初旬、立て続けに2つあった。まずは7月4日の阪神戦だ。3-3で迎えた8回裏、カープの攻撃。この試合前までカープは3連敗で…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「旅サラダ」の宿命!神田正輝9月降板で「次のターゲット」はいよいよ勝俣州和
2
巨人・阿部監督が不満ブチまけ!「門脇誠より新外国人モンテス」正遊撃手争いの厳しい現実
3
藤浪晋太郎が乱入!阪神エース・才木浩人のインスタライブで岡田彰布監督をイジリ倒した
4
新庄剛志監督の期待値が下がる日本ハム・清宮幸太郎の今オフ「トレードか現役ドラフト」移籍話
5
阿部監督の苦悩…巨人・新外国人モンテスの快音デビューをかき消す2軍投手陣「連続炎上事件」