芸能

吉本新喜劇「新体制発表」でも大きすぎる小藪千豊の存在感!

 それでも小藪の存在が大きすぎる?

 2月4日、吉本新喜劇が、現座長の小籔千豊、川畑泰史、すっちー、酒井藍に加え、次期座長候補となる“リーダー”に就任する清水けんじ、吉田裕、信濃岳夫、諸見里大介による4座長・4リーダーの新体制になると発表。新喜劇結成60周年を迎える3月1日に発足させるという。

 ベテラン座長の内場勝則と辻本茂雄は、2月から3月にかけて開催される大阪・なんばグランド花月公演をもって座長を勇退。また、人数は未定だが“リーダー”となった4人の中から来年、新座長が誕生する可能性があるという。

「今回、新体制に移行する背景には、小藪の影響があります。小籔は吉本のいわば“改革派”で、17年に酒井藍を史上最年少で初の女性座長に抜擢。今年は3月から47都道府県に加え、中国、タイ、バンコクなど新喜劇のワールドツアーを開催するなど、次々と新しいことを提案し、実行していますからね。今回の現状にとらわれない動きも、小藪主導と見られています」(芸人関係者)

 小藪は06年に座長に就任以来、東京での認知度拡大や新規客の掘り起こしなどにも大きく貢献してきた。

「芸人内では作法にうるさいことで有名で、筋の通らないことをしでかすと先輩であっても説教することから、『小籔警察』とも呼ばれています。ただ、小藪の存在が大きすぎるだけに、リーダーの中からポスト小藪が出てくるのは、なかなか難しいかもしれません」(夕刊紙記者)

 新体制のその先も、小藪頼みは続きそうだ。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
もはや捨て駒状態の「あなたの番です」、次回作は賀来賢人のコメディか!?
2
小林麻耶、「キンスマ」出演に「芸能界を引退したんじゃなかった?」の大合唱
3
デキ婚で納得!川栄李奈、「家政夫のミタゾノ」の扱われ方に「変だった」の声
4
真矢ミキ、渦中の千原せいじの話題を吹き飛ばした「胸のナマ渓谷」見せ!
5
ピエール瀧に続く「薬物芸能人」の“名前”リストを一挙公開する!