スポーツ

大坂なおみ、国籍を巡り過去に日米「争奪戦」が繰り広げられていた!

 テニスの全豪オープンで優勝し、世界ランク1位の座に就いた大坂なおみ選手。2月17日開幕のドバイ選手権での活躍も大いに期待されるが、快挙に沸き続ける日本の一方で、アメリカの一部テニス関係者は、ほぞをかむ思いをしているという。実は大坂選手の所属を巡って、過去に日米で「争奪戦」が繰り広げられていたというのだ。

「大坂選手が2016年の全豪オープンで3回戦進出を果たした時に、米国の女子代表監督が、多額の支援を申し出てアプローチしてきた。けれども、大坂選手は、その高額なオファーに釣られるようなことはなく、日本国籍を選択し続けると断ったんです。実際のところ、大坂選手は大阪生まれではありますが、3歳からアメリカに移住してアメリカで育っており、ご存知の通り、日本語は聞くことはできるけれど、話すのは苦手で英語がネイティブ。日本とアメリカの国籍を持つ二重国籍です。アメリカ国籍で出場してもおかしくはないほどでした」(スポーツライター)

 しかし、大坂選手と家族はずっと日本に恩義を感じており、それを尊重したのだという。

「大坂選手がまだジュニアの大会に出ている時、日本テニス協会の女子代表コーチだった吉川真司氏が大坂選手の才能に気付き、来日時には味の素ナショナルトレーニングセンターで練習ができるようにするなど、できる限りのバックアップをしてきたんです。翻ってアメリカは、大坂選手の父親がアメリカのテニス協会に支援のアプローチをしたものの取り合ってもらえず、まったく支援を受けることができなかったのです」(前出・スポーツライター)

 恩義を感じて日本籍を選ぶ大坂選手には、日本的なものを感じる。しかし今、大坂選手は22歳で国籍を選ばなければいけなくなるという、日本の法律における二重国籍の問題が取り沙汰されている。罰則規定があるわけでもなく一般人なら明確な選択を迫られることもないようだが、有名人の大坂選手は嫌でも注目されることになる。現在、アメリカには「国籍離脱税」という、国籍を抜く際に全財産の20%を支払うという税金がある。賞金はじめ、多額な収入を得ている大坂選手が、多額な税金を払って米国籍を失うようにすることはないだろうという見方も一部ではある。

 すでに国別代表戦のフェドカップで日本から出場しており、ルール上でも今から米国を選択することはないとの見方は強いというが、10月16日の誕生日が近づくにつれ、ますます大坂選手の国籍問題に注目が集まっていきそうだ。

(伊藤その子)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
「Hバスト」清水あいり、「“あそこ”は英語で?」クイズへの反応とヤバイ回答!
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!