芸能

真木よう子に深田恭子…“着衣バスト”を強調するドラマが増える理由

 1月期ドラマの視聴率ランキングを見ると、2ケタをキープしているのは、「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)、「刑事ゼロ」、「ハケン占い師アタル」(いずれもテレビ朝日系)といったところだが、ドラマの価値は視聴率がすべてではない。男性視聴者にとっては、女優たちの豊かなバストがどこまで拝めるかも、評価をするうえで重要なポイントだろう。

 そんな中、その豊かな胸を見せてくれているのが「よつば銀行 原島浩美がモノ申す!~この女に賭けろ~」(テレビ東京)の真木よう子。銀行員役の真木がスーツ姿で行内を歩き回るシーンでは、かなりのユサユサぶりを披露してくれている。また、最近、不動産会社会長との熱愛が話題になり「初めて恋をした日に読む話」(TBS系)で予備校講師役を演じる深田恭子も、透けて見えるような素材のブラウスで胸をこれでもかというほど強調している。

「昔のようにドラマで女優の過激な姿が見られることはなくなりましたが、着衣での“サービスショット”は非常に多くなっている。昨年の7月クールでは綾瀬はるかが『義母と娘のブルース』(TBS系)でキャリアウーマン役を演じ、その際のドーンと張り出した胸が話題になりましたし、『健康で文化的な最低限度の生活』(フジ系)の吉岡里帆も、ブラウス姿で走るシーンで大きな胸を揺らしていました。今や“着衣バスト”は、制作費削減傾向の中、最も金をかけずに注目を集めることができる、必須事項になりつつあるんです」(テレビ制作会社関係者)

 もちろん視聴率がそれだけでとれるワケではないが、女優たちの豊かなバスト目当ての男性視聴者が一定数おり、女性視聴者にとって、女優が肌見せするような演出に比べ抵抗感もない演出は有効なのだろう。ここは、ますますの強調ぶりを期待したい。

(鈴木十朗)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、匂わせたのは妊娠?離婚?「謎すぎインスタ」が超深読みされていた
2
田中理恵、バストアップに成功!恍惚表情もタマらないストレッチ動画の中身
3
松田聖子「40周年」と「沙也加」の誤算(1)58歳で小ぶりバスト披露の衝撃
4
石毛宏典が放った“落合博満監督はなぜ大打者を作れなかったのか?”大疑問
5
三浦翔平が妻・桐谷美玲の“サイズ”を激白!笑み浮かべ「ちっちゃい」に騒然