芸能

尼神インター誠子が「鼻フック対決」で西野未姫を“公開処刑”!?

 ふだんは“ブス扱い”されてイジられまくることの少なくない、お笑い芸人の「尼神インター」誠子。その誠子が2月12日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にて、元AKB48の西野未姫をまさかの「カワイらしさ」で“公開処刑”したという。

 この日は尼神インターが、ゲスト出演の西野を〈バラエティの覚悟 見極めます!〉とのお題でおもてなし。今後はバラエティー番組で生きていきたいという西野は「何でも体張ります!」と意気込み、誠子とのガチ対決に臨むことになった。

 ここで尼神インターが用意したのは「鼻フックノーリアクション対決」。鼻フックから伸びたヒモにお盆を結わえつけ、そこに2リットルのペットボトルを載せていきながら、表情を変えずに耐えるという荒業だ。そんな究極対決の展開についてテレビ誌のライターが語る。

「まずは誠子が先に鼻フックを装着し、お手本の姿勢を披露。すると鼻の穴こそ豚の鼻のように正面を向いたものの、顔面全体は鼻フックによるリフトアップ効果が施されたのか、普段よりも可愛らしく見えていました。それに対して西野が鼻フックを装着すると、お盆の重みで口元が吊り上げられ、まるでカバやカピバラのような表情に。その顔面をモニターで観た西野は『なんか自分めっちゃブス!なんで?誰誰誰!?』と絶叫する有様でした。そんな二人に視聴者からは『誠子のほうがカワイイ』『西野、めっちゃブスじゃん』といった声が寄せられ、誠子が顔面対決で圧勝する結果となったのです」

 なお西野の名誉のために書き添えれば、彼女はしっかりとカメラ目線をキープしつつ、みずからの“ブスっぷり”を隠そうともしなかった。その様子はバラエティタレントとしては十分に合格点。この調子なら今後も尼神インターとの顔面対決を繰り広げてくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
田中みな実「先端当て」VS 鷲見玲奈「極太パックン」!/妖艶「放送事故」大全(3)
2
バス旅お蔵入り回がついに放送!「封印」された理由は“2つのルール破り”か!?
3
マリッジブルー!?深田恭子、横浜流星に“バスト押し付けハグ”した危うい心理
4
中居正広、「ジャニーズ退所」報道で再噴出する“裏切り者キムタク”の辛辣声!
5
藤原紀香、「ミニ丈スカート」白美脚に熱視線!「生で見たかった」の声が続々