芸能

尼神インター誠子が「鼻フック対決」で西野未姫を“公開処刑”!?

 ふだんは“ブス扱い”されてイジられまくることの少なくない、お笑い芸人の「尼神インター」誠子。その誠子が2月12日放送の「ウチのガヤがすみません!」(日本テレビ系)にて、元AKB48の西野未姫をまさかの「カワイらしさ」で“公開処刑”したという。

 この日は尼神インターが、ゲスト出演の西野を〈バラエティの覚悟 見極めます!〉とのお題でおもてなし。今後はバラエティー番組で生きていきたいという西野は「何でも体張ります!」と意気込み、誠子とのガチ対決に臨むことになった。

 ここで尼神インターが用意したのは「鼻フックノーリアクション対決」。鼻フックから伸びたヒモにお盆を結わえつけ、そこに2リットルのペットボトルを載せていきながら、表情を変えずに耐えるという荒業だ。そんな究極対決の展開についてテレビ誌のライターが語る。

「まずは誠子が先に鼻フックを装着し、お手本の姿勢を披露。すると鼻の穴こそ豚の鼻のように正面を向いたものの、顔面全体は鼻フックによるリフトアップ効果が施されたのか、普段よりも可愛らしく見えていました。それに対して西野が鼻フックを装着すると、お盆の重みで口元が吊り上げられ、まるでカバやカピバラのような表情に。その顔面をモニターで観た西野は『なんか自分めっちゃブス!なんで?誰誰誰!?』と絶叫する有様でした。そんな二人に視聴者からは『誠子のほうがカワイイ』『西野、めっちゃブスじゃん』といった声が寄せられ、誠子が顔面対決で圧勝する結果となったのです」

 なお西野の名誉のために書き添えれば、彼女はしっかりとカメラ目線をキープしつつ、みずからの“ブスっぷり”を隠そうともしなかった。その様子はバラエティタレントとしては十分に合格点。この調子なら今後も尼神インターとの顔面対決を繰り広げてくれそうだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
謎の放置状態で急浮上した「クビになるタレント2人」の「証拠映像」
2
これは見ておくべき!谷まりあ「とんでもない大きさのバスト」を大サービス
3
「仕事がないものですから…」沢田研二が伏せていた「田中裕子との関係」/壮絶「芸能スキャンダル会見」秘史
4
プロ野球「隠ぺいされた不協和音」ワースト7(3)原采配のシワ寄せを受ける巨人・坂本勇人
5
渡辺裕之「コロナ首吊り自死」前の奇行証言!「撮影現場で『物がなくなった』と妙なことを…」