芸能

西川史子、「スポーツ選手って病気になりやすい」は本当だった!?

 競泳女子の池江璃花子選手が白血病を告白した件を巡って、タレント女医の西川史子に批判が寄せられているという。西川は2月17日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)にて、スポーツ選手は病気になりやすいと主張。その理由として酸素をたくさん吸ってたくさん吐いていることから活性酸素が発生していることや、体にムチ打って練習していることなどを挙げた。

 その主張に対して視聴者からは「スポーツ選手は人一倍、体に気を付けているし、専門のトレーナーも付いている」といった反論が続出。中には「医者なのに適当なこと言ってる!?」と西川の発言を問題視する声も少なくない。はたして西川は何を根拠に今回の発言に至ったのか。医療系のライターが指摘する。

「今回の発言については多くの医療関係者から『西川先生の言う通り』との声が寄せられています。統計的にスポーツ選手の罹患率が高いことが知られているほか、免疫力が低いケースもあるのです。その原因は過度な運動。適切な運動は健康を増進し、免疫力も高めますが、ぎりぎりまで肉体を追い込むスポーツ選手では、逆に免疫力をそいでしまうこともありえます」

 体内では様々な細胞から、免疫系に働きかけるサイトカインというたんぱく質が産生されている。その働きは多岐にわたり、普段は各種サイトカインのバランスがとれていることで、健康体が維持できるという。

 だが、過度な運動を続けるとそのバランスが崩れたり、またはサイトカインが過剰に産生されるサイトカインストームという症状に陥り、最悪のケースでは命にかかわることもあるというのだ。

「こういった要因に加えて、著名なスポーツ選手は本業以外でも何かと多忙になることもあり、睡眠不足になることもあります。とはいえ、人一倍肉体を酷使しているスポーツ選手にとって睡眠は傷ついた細胞の修復のためにも欠かせず、睡眠不足は肉体面でも精神面でも大きなストレスになってしまいます。来年には東京五輪を控える中、高いレベルで活躍している選手こそ本番前にはそっとしてあげるべきではないでしょうか」(前出・医療系ライター)

 スポーツに関するエピソードは、「試合後に語ってもらう」のが良さようだ。

(金田麻有)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐々木希、「バストの張り」良好ぶりを裏打ちした?渡部建の“豊洲バイト”
2
木村沙織“9等身ボディ”披露で気になった現役時代のはちきれバストの行方
3
夏目三久、水卜麻美・井上清華への意地!?強調すさまじい「Fカップ」対抗
4
テレビから消えた“あの女子アナ”を追え<日本テレビ>奔放すぎた葉山エレーヌはアナウンス室追放
5
バストが揉みしだかれて!?井上和香、「目を閉じ口を半開き顔」写真に熱視線