スポーツ

ドラ1新人「ビッグ4」の躍進を阻む「致命的欠陥」(3)ロッテ・藤原恭大は“西岡二世”になる危険性が?

 さらには、そのビッグマウスと奔放な性格も関係者をヒヤヒヤさせている。いわゆる大阪の“あんちゃん”で、好奇心が旺盛。かつてロッテでは大阪桐蔭出身の西岡剛氏(34)が“夜の帝王”として遊びまくり、チームに悪影響を与えたことがあったが、先の球界関係者も口をそろえる。

「球場外でのおつきあいを球団がコントロールしておかないと、西岡二世になっちゃう危険性がある」

 ただし、センターの守備力と走力に関しては、すでにプロのレベルとまったく遜色がないため、ビッグ4のうち開幕1軍に最も近い選手であることは確かだ。

 もう一人、ドラフトでは根尾に並ぶ4球団競合で広島が引き当てた小園海斗(18)の評価も日々上昇中だ。「高卒ルーキーは2軍で徹底して鍛える」という方針の広島において、小さくとも高校生離れした頑丈な肉体で、シュアなバッティングと、如才ない守備を見せる小園を緒方孝市監督(50)が「まだ見ておきたい」と、1軍帯同を続けさせているのである。

 広島のショートには田中、セカンドには菊池がいて、不動の二遊間に小園が割って入る余地はない。それでも菊池が今オフにメジャーへのポスティング移籍を本気で狙っているという状況があり、球団も「ポスト菊池」として小園を急いで育成する必要に迫られているのだ。にもかかわらず、小園にも重大な欠陥疑惑があった。根尾同様、心理イップスだというのである。

 チーム関係者が明かす。

「昨秋のU-18アジア選手権において、2試合で4つのエラーをしたことがトラウマになっているようです。だから怖くて前に踏み出して守れない。今は練習試合なのでいいですが、公式戦のここ一番の緊張した場面でまたグラブが動かなくなるかもしれません」

 昨夏の甲子園で活躍したビッグ4が侍ジャパンに選出されたU-18アジア選手権で日本は連覇を逃した。最大の山場の韓国戦で小園は3つのエラー。しかも次戦の台湾戦でもエラーをして“戦犯”となった。責任感の強い小園には、それがトラウマとなっているようで、守備位置では半歩後ろを守ろうとする「守備イップス」だというのだ。大事なところでいつもミスをする一流半の選手にはなってほしくないのだが。

 キャンプを盛り上げたビッグ4が、早くもプロの試練と洗礼にさらされようとしている。指摘されている重大欠陥をいかに克服していくのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
ホラン千秋、「Nスタ」“Dカップ無双”が止まらない!ニットバストに絶賛の嵐
2
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
3
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
4
ぼる塾の平手友梨奈モノマネに“坂道ファンが激怒”の「意外な理由」!
5
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策