スポーツ

ドラ1新人「ビッグ4」の躍進を阻む「致命的欠陥」(3)ロッテ・藤原恭大は“西岡二世”になる危険性が?

 さらには、そのビッグマウスと奔放な性格も関係者をヒヤヒヤさせている。いわゆる大阪の“あんちゃん”で、好奇心が旺盛。かつてロッテでは大阪桐蔭出身の西岡剛氏(34)が“夜の帝王”として遊びまくり、チームに悪影響を与えたことがあったが、先の球界関係者も口をそろえる。

「球場外でのおつきあいを球団がコントロールしておかないと、西岡二世になっちゃう危険性がある」

 ただし、センターの守備力と走力に関しては、すでにプロのレベルとまったく遜色がないため、ビッグ4のうち開幕1軍に最も近い選手であることは確かだ。

 もう一人、ドラフトでは根尾に並ぶ4球団競合で広島が引き当てた小園海斗(18)の評価も日々上昇中だ。「高卒ルーキーは2軍で徹底して鍛える」という方針の広島において、小さくとも高校生離れした頑丈な肉体で、シュアなバッティングと、如才ない守備を見せる小園を緒方孝市監督(50)が「まだ見ておきたい」と、1軍帯同を続けさせているのである。

 広島のショートには田中、セカンドには菊池がいて、不動の二遊間に小園が割って入る余地はない。それでも菊池が今オフにメジャーへのポスティング移籍を本気で狙っているという状況があり、球団も「ポスト菊池」として小園を急いで育成する必要に迫られているのだ。にもかかわらず、小園にも重大な欠陥疑惑があった。根尾同様、心理イップスだというのである。

 チーム関係者が明かす。

「昨秋のU-18アジア選手権において、2試合で4つのエラーをしたことがトラウマになっているようです。だから怖くて前に踏み出して守れない。今は練習試合なのでいいですが、公式戦のここ一番の緊張した場面でまたグラブが動かなくなるかもしれません」

 昨夏の甲子園で活躍したビッグ4が侍ジャパンに選出されたU-18アジア選手権で日本は連覇を逃した。最大の山場の韓国戦で小園は3つのエラー。しかも次戦の台湾戦でもエラーをして“戦犯”となった。責任感の強い小園には、それがトラウマとなっているようで、守備位置では半歩後ろを守ろうとする「守備イップス」だというのだ。大事なところでいつもミスをする一流半の選手にはなってほしくないのだが。

 キャンプを盛り上げたビッグ4が、早くもプロの試練と洗礼にさらされようとしている。指摘されている重大欠陥をいかに克服していくのか──。

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
広瀬すず、「紅白司会落選」の背景に昨年末の「あの大失敗シーン」!?
2
すごいボリューム!有村架純、まさかの「バストサイズアップ姿」公開に騒然
3
広瀬すず×綾瀬はるか「視聴率バトル」の天国と地獄(1)低視聴率に綾瀬が一肌脱いだ
4
巨人・鈴木尚広、阿部慎之助よりこっ恥ずかしい「重婚報道」にドン引きの声
5
石田ゆり子が「服を着ていない丸出し写真」公開、あんなところまで見えてる!