芸能

ドラマ美女が魅せる“限界ギリギリ”サービスシーン(2)北川景子の変顔がさらにエスカレートし…

 さて、初回の12.7%から2桁をキープして好調なのが、北川景子(32)が天才的な不動産営業レディを演じる「家売るオンナの逆襲」(日本テレビ系)だ。

 制作会社関係者が舞台裏を明かす。

「撮影現場では北川が先頭に立って『まだまだ上を目指せる』とスタッフの士気を高めています。北川らは最終回に向けて15%超えどころか20%の大台まで狙っているんです」

 自信のウラには、ある「飛び道具」で視聴者の目を釘づけにするプランが用意されているようで‥‥。

「北川の『変顔』ですよ。これまでの放送でも、北川が目をひんむく表情がSNS上で話題になっていましたが、終盤に向けて、顔面崩壊レベルまでエスカレートさせていく予定だと聞きました。最終話では完全な『イキ顔』でフィニッシュするとみられています」(制作会社関係者)

 新・視聴率女王になるためには手段も選ばず!?

 プライベートを犠牲にして数字アップを画策中なのが、「グッドワイフ」(TBS系)の常盤貴子(46)だ。

「当初の期待の割に数字はイマイチ伸びていませんが、常盤は諦めていない。夫の逮捕によって復職した女弁護士というドラマの役柄に没頭するため、本物の夫である長塚圭史(43)とまったく会っていないようなんです。彼女が言うには、『夫婦ゲンカしてるわけじゃない』とのことですが、夫婦2人だけの時間を削ってまで、裁判所に足を運んで傍聴に努めています」(TBS関係者)

 くれぐれもバッドワイフにならないように‥‥。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    飲み続けていたら夜もイキイキしてきた!?口コミで話題の「活力アミノ酸(R)DX」とは?

    Sponsored
    213053

    コロナ禍という長いトンネルも徐々に出口が見え、昨今は人々の社会活動も活発的になってきた。連休は「久々にゴルフに出かけた」「家族サービスで国内旅行をした」といったパパ世代の諸兄も多いのではないだろうか。在宅勤務から勤務へ徐々に回帰する企業も増…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
川島なお美「前貼りなし」で挑んだ古谷一行とのベッドシーン「入っていた」伝説
2
黒柳徹子が「どっちでもいい」バッサリ!ホラン千秋の「徹子の部屋」残念発言
3
「バスト透けすぎ!」三浦瑠麗が公開した「国葬参列の喪服写真」があんまりスゴイので…
4
大政絢&ワンオクToruの結婚で「弘中綾香アナとの破局理由」が再注目されたワケ
5
「なんちゅう格好してんだ!」三浦瑠麗が見せ続けた「朝まで生バスト」歓喜の渓谷美