芸能

美女アナ「酒場でやっちゃった」伝説(3)テレ朝・竹内由恵は「タモリ流」の飲み方

 ランキング3位の桑子真帆アナ(31)も伝説エピソードに事欠かない。

 NHK関係者が語る。

「有働アナが去ったあとの『NHKナンバーワン酒豪』は桑子アナしかいない。大酒飲みの多い技術スタッフの間でも『桑子アナはとにかく酒が強い』と評判です。昨年の平昌五輪で韓国を訪れた際、マッコリの1リットル瓶を1人で数本空けて平然としていたことで、さらに一目置かれるようになりました」

 そんな桑子アナに最近、“飲み方の変化”があったらしい。

「昨年、彼女が離婚したばかりの頃は酔っ払うと『私みたいないい女いる?』などと周囲に聞きまくる“カラミ酒”の傾向があったのですが、最近は黙々と大量に飲むようになった。同じく呑兵衛のスタッフからは『完全にアル中の飲み方』と指摘されたあげく、『ポスト吉澤ひとみ』という不名誉すぎるあだ名まで付けられていました」

 5位のテレ朝・竹内由恵アナ(33)は“タモリ流”で磨きをかけていた。

「彼女にとっての酒の師匠は『Mステ』アシスタント時代にたびたび飲みに連れていってもらっていたタモリさん。度数の高い酒を時間をかけて味わいながら飲むのがタモリ流なのですが、彼女も10年来その飲み方を続けてきて、最近は『“タモリ超え”を果たしたのでは』と言われるほど酒の強さが評判なんです」(テレ朝関係者)

 竹内アナの行きつけは、同局に程近い六本木のバーだという。

「『報ステ』のレギュラーに加わり退社時間が遅くなった現在でも、仕事のあとに足を運んでいるそうです。そのバーに彼女と同行した同僚によれば『ウイスキーをストレートで何杯も飲んでいた』とのこと。『さすがに付いていけない』とボヤいていました」(テレ朝関係者)

 そんな竹内アナはオトコ関係もアルコールで切り開いているとの情報が──。

 これまで竹内アナといえば、先日、ベッキー(34)と結婚した巨人・片岡治大コーチ(36)や広告代理店のイケメン社員、バスケット選手の田臥勇太(38)など、切れ目なく熱愛が報じられているが、オトコを落とす際のテクニックに酒が活用されているというのだ。

「昨年10月『お泊まりデート』を『週刊文春』にスッパ抜かれた医療関係の男性とも、合コンで知り合った数日後、彼女のほうから二人きりの飲みに誘い、相当な分量を一緒に飲んでヘロヘロになった相手を竹内アナが介抱。その結果、つきあうに至ったと言われているんです。酒に強い彼女ならではの、攻めの技と言えます」(芸能記者)

 美女アナたちの酒豪伝説には、酒を飲まずとも頬が赤くなるエピソードが満載なのだ

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    ドジャース・大谷翔平はなぜ「6月に最高潮」なのか科学的分析!メラトニン分泌とホルモンの秘密

    なぜ大谷翔平は毎年6月になると、調子が上がるのか。メジャー通算500打点にあと1、200本塁打まであと3本に迫った6月最終戦は無安打に終わったものの、月間12本塁打、24打点をマーク。日本人選手として最多となる通算5度目の月間MVP受賞が有…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , |

    大谷翔平だけじゃない!メジャー影の首位打者「ベイビー・イチロー」は山形県がルーツの「侍ジャパン候補」

    メジャーリーグは6月を終えて、ア・リーグの打率トップはエンゼルスのレンヒーフォ(3割1分7厘)。それをヤンキースのジャッジが猛追しているが(3割1分3厘)、実は「影の首位打者」がいた。ガーディアンズのスティーブ・クワンだ。現地メディア関係者…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「デパ地下」も静かに終了…池袋西武が象徴する「インバウンドに特化」デパートの苦境と未来
2
韓国から「出ていけ!」ホン・ミョンボ代表新監督への〝ウソつき呼ばわり〟は日本人選手がキッカケだった
3
1軍首脳陣に嫌われた阪神・秋山拓巳に「他球団からトレード申し入れ」という「救いの手」
4
サッカー元日本代表「王様・中田英寿」は自ら演出した「策略」だった!チームメイトが明かす「嫌われ役」秘話
5
「函館記念」はオニャンコポンの1着固定!3連単平均57万円の超大荒れレースで買えない人気馬のガチ共通点