芸能

美女アナ「酒場でやっちゃった」伝説(3)テレ朝・竹内由恵は「タモリ流」の飲み方

 ランキング3位の桑子真帆アナ(31)も伝説エピソードに事欠かない。

 NHK関係者が語る。

「有働アナが去ったあとの『NHKナンバーワン酒豪』は桑子アナしかいない。大酒飲みの多い技術スタッフの間でも『桑子アナはとにかく酒が強い』と評判です。昨年の平昌五輪で韓国を訪れた際、マッコリの1リットル瓶を1人で数本空けて平然としていたことで、さらに一目置かれるようになりました」

 そんな桑子アナに最近、“飲み方の変化”があったらしい。

「昨年、彼女が離婚したばかりの頃は酔っ払うと『私みたいないい女いる?』などと周囲に聞きまくる“カラミ酒”の傾向があったのですが、最近は黙々と大量に飲むようになった。同じく呑兵衛のスタッフからは『完全にアル中の飲み方』と指摘されたあげく、『ポスト吉澤ひとみ』という不名誉すぎるあだ名まで付けられていました」

 5位のテレ朝・竹内由恵アナ(33)は“タモリ流”で磨きをかけていた。

「彼女にとっての酒の師匠は『Mステ』アシスタント時代にたびたび飲みに連れていってもらっていたタモリさん。度数の高い酒を時間をかけて味わいながら飲むのがタモリ流なのですが、彼女も10年来その飲み方を続けてきて、最近は『“タモリ超え”を果たしたのでは』と言われるほど酒の強さが評判なんです」(テレ朝関係者)

 竹内アナの行きつけは、同局に程近い六本木のバーだという。

「『報ステ』のレギュラーに加わり退社時間が遅くなった現在でも、仕事のあとに足を運んでいるそうです。そのバーに彼女と同行した同僚によれば『ウイスキーをストレートで何杯も飲んでいた』とのこと。『さすがに付いていけない』とボヤいていました」(テレ朝関係者)

 そんな竹内アナはオトコ関係もアルコールで切り開いているとの情報が──。

 これまで竹内アナといえば、先日、ベッキー(34)と結婚した巨人・片岡治大コーチ(36)や広告代理店のイケメン社員、バスケット選手の田臥勇太(38)など、切れ目なく熱愛が報じられているが、オトコを落とす際のテクニックに酒が活用されているというのだ。

「昨年10月『お泊まりデート』を『週刊文春』にスッパ抜かれた医療関係の男性とも、合コンで知り合った数日後、彼女のほうから二人きりの飲みに誘い、相当な分量を一緒に飲んでヘロヘロになった相手を竹内アナが介抱。その結果、つきあうに至ったと言われているんです。酒に強い彼女ならではの、攻めの技と言えます」(芸能記者)

 美女アナたちの酒豪伝説には、酒を飲まずとも頬が赤くなるエピソードが満載なのだ

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「好きなの選んで」!中居正広、「ナカイの窓」最終回ロケで大盤振る舞いの理由
2
ピエール瀧の逮捕で「新たな芸能人逮捕」の動きが加速する理由!
3
羽賀研二「稀代のワル」の履歴書(1)梅宮父娘が背負わされた借金の全容!
4
ガッキーとの行為を自慢?関ジャニ・錦戸亮が女遊びを改めないワケ
5
ASKA、石野卓球のコメントを称賛で判明した「チャゲに望んでいたこと」