芸能

アノ順番は?NHK「なつぞら」に歴代朝ドラ女優が多数競演で増す現場の気苦労!

 4月にスタートする広瀬すず主演の朝ドラ「なつぞら」(NHK)。今作で100作目となる同ドラマには、歴代の朝ドラヒロインが出演することで話題を呼んでいる。1983年の「おしん」からは、主人公の少女時代を演じた小林綾子とその姉役の仙道敦子。88年後期「純ちゃんの応援歌」から山口智子。96年前期「ひまわり」から松嶋菜々子。07年前期「どんと晴れ」の比嘉愛未と、同年後期「ちりとてちん」の貫地谷しほりなど、華やかな顔ぶれだ。

 これほどの女優が出演ともなれば「現場スタッフの気の使いようは尋常ではない」と女性誌記者はこう言う。

「気になるところは、エンドロール最後の女優の名前が誰になるかです。楽屋の位置、待ち時間の椅子の位置にも苦心するはず」

 3月4日発売の「週刊ポスト」によると、松嶋は山口に気を使っているとある。それによると、松嶋の夫の反町隆史は、山口の事務所の後輩。演技に集中するため共演者をもシャットアウトする松嶋が、本番前でも積極的に周囲を盛り立てているそうだ。それは“明るい現場づくり”を心掛ける山口の流儀に合わせているのではないか、というのだ。

「昔は、同じ格の女優が共演となると、いがみ合ったり、先輩女優が後輩をイジメたり、なんていう話もありましたが今は違います。ささいなことでもネットで広まりかねませんから、そんな自身のイメージを崩すようなことはしないのではないでしょうか。また、扱いにくい俳優の烙印を押されると、今後のキャスティングにも響くでしょうからね」(前出・女性誌記者)

 物語は、戦争で両親をなくし孤児となった主人公が、動く絵=アニメーションに興味を持ち、その世界へ飛び込んでいくというもの。明日への希望を信じられる、そんな気持ちにさせてくれる作品のようだが、その舞台裏もなかなかおもしろそう!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
フジ井上清華、「めざましMC」抜擢で「あの人気アナ」が退社待ったナシ!?
2
有働由美子の私服選び、センスに酷評も「丸わかり横バストライン」に絶賛!
3
桑田真澄、クロマティが明かしていた巨人に15年間も呼ばれなかった理由
4
「お前は70%くらいの選手だな」駒田徳広、王監督“忘れられぬ発言”を動画回顧!
5
「ゴチ」新メンバー予想合戦の一方で広がる「引っ張り過ぎ!」飽き飽きの声