芸能

オヤジキラー女優の好感度UP大作戦(3)田中みな実は女性からの支持を意識

 ドラマ美女がサービス不足で軒並み低視聴率に喘ぐ中、「絶対正義」(フジ系)の濃厚キスシーンで、「女優転身」を印象づけたのが田中みな実(32)だ。

「局アナからフリー転身後は鳴かず飛ばずの時期もありましたが、ジムやヨガで体に磨きをかけ、スタイルが抜群であることを全面アピール。『下着はいいけど水着はイヤ』と、男性誌の水着グラビアには出ないが、女性誌の下着セミヌードには出るという、女性からの支持獲得を常に念頭に置く戦略で活路を見いだしました」(女性誌記者)

 とはいえ、バラエティー番組では男目線も忘れていない発言が飛び出した。

 1月30日放送の「今夜くらべてみました」(日本テレビ系)で、理想のキスについて聞かれると、

「テレビ見ながら『おいで』って言われて、後ろから『好きだよ』って耳元でささやかれて‥‥って」

 具体的すぎる妄想トークで、他の出演者をドン引きさせたものだ。

 こちらはグラドルから女優へ転身中の筧美和子(24)。デリバリーヘルスが題材のドラマ「フルーツ宅配便」(テレビ東京系)の第7話で新規入店。店長から、

「男はこういうちょいポチャの娘に癒やされたい」

 と紹介されるや次々と予約を獲得し、あっという間に指名ナンバーワンに上り詰めた。

「ドラマではちょいポチャのデリヘル嬢をそのまんま体現し、ムチムチボディで客相手に『もし写真撮らせてくれたら本番サービスしちゃう』とベッドに倒れ込む、艶めかしいシーンをみごとに演じきっていました。彼女自身はお色気担当なのを自覚していますが、これだけ脱ぎっぷりがよければ、次に期待が持てます」(レポーター)

 ポチャムチこそ、オヤジ殺しの最終兵器なのかも。

「最近バラエティーで人気なのが、月9に出演経験のあるにこるんこと藤田ニコル(21)、みちょぱこと池田美優(20)など、ヤンキー系のモデルたちです。スマホ世代の彼女たちは、収録の合間に機械オンチの年配芸能人にLINEスタンプの取り寄せ方を指南して、重宝がられています。梅沢富美男(68)などは『にこるんとデートしたい』などと、すっかり虜になっています」(女性誌記者)

 今時のヤンキー芸能美女は、スマホ“パパ活”で成り上がる!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
中日OB名球会打者が「根尾昴は投手ムリ」バッサリ斬って立浪監督にも真っ向ダメ出し
2
豊臣秀吉の悪口に反論したら「耳と鼻をそがれて首を刎ねられた」悲劇の茶人
3
【CNNも報道】想像上の生物が実際に目撃されて大騒動に!アメリカに出没する「ミシガン・ドッグマン」の映像分析
4
DeNA大型新人・度会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
5
年金未払いで参院選出馬の神取忍「細かいことはわからない」に騒然/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」