スポーツ

フィギュアスケート部を創設して破壊!?「卒業」坂本花織の“破天荒”高校生活

 フィギュアスケートの坂本花織が神戸野田高校の卒業式を終え、4月からは女子大生となる。式を終えた後の会見では「結構泣いた」「3年間、みんなの笑顔に支えられて、つらい時も乗り越えられました」と充実した学園生活の様子を語っていたが、その実態は他人には真似できないものだった。

「そもそも、坂本が入学した経緯からしてヘンなんですよ。高校入試の時期、坂本はフィギュアスケートの国際試合に出場するため、日本にはいませんでした。帰国し、慌てて受験できる高校を探したら、神戸野田校だけ二次募集をやっていたんです」(フィギュア関係者)

 同校はクラブ活動が盛んな高校とも言われている。ダンス部は特に有名で全日本高校ダンス・フェスティバルなどで全国制覇も成し遂げている。ソフトボール部、バレーボール部も強豪で知られるが、学校側は「平昌冬季五輪の出場を目指す坂本が来た」ということで、緊急でフィギュアスケート部を新設したそうだ。とはいっても、坂本は強化指定選手なので、学校で練習することはゼロに等しい。スケートリンクもない。

 今春の卒業と同時にフィギュアスケート部は廃部になるとの情報も駆け巡っており、そうなれば、坂本は「創設者にして破壊者」という不思議な立場になる。

「坂本は教室内に友人が多いようです。スポーツ系の部活に入っている子も多いので、同じ体育会系で話は合うみたい。同時に、フィギュアスケートのことを忘れることができるので、気分転換できて、リラックスできたのでは」(前出・フィギュア関係者)

 坂本は新しいタイプのアスリートとも言えそうだ。平昌冬季五輪の代表が決まった時のことだ。リハビリ中の羽生結弦を除くメンバーは日本選手権の会場でお披露目の挨拶をした。その際、坂本はトップで紹介されることを知り、「どうしてよう?」と言葉ではうろたえていたものの、緊張感を楽しむ強さがあったという。国際大会の大舞台でも同じであった。女子大生になって迎える新シーズンも、「破天荒な一面」を見せてくれそうだ。

(スポーツライター・飯山満)

カテゴリー: スポーツ   タグ: , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    参加無料の賞金大会実況リポート!いま激アツなオンライン麻雀の“リアル”

    Sponsored
    156506

    ここ数年、急増している麻雀番組。昨今、超人気アイドルグループをはじめ、グラドル界からも麻雀にハマるメンバーが続々登場。彼女たちの間では「グラドル雀士枠」の争奪戦も展開されているとか。もはや可愛いさだけではなくプロとも渡り合えるガチな雀力が求…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    アラフォー男性の健康トラブルが増えている!?“人生100年時代”を生き抜く3つのヒントとは?

    Sponsored
    155376

    “貧乏暇なし”とはよくいったもので、来る日も来る日も働きづめでストレスはたまる一方だ。暴飲暴食で食生活は乱れ、疲れがなかなかとれないばかりか、眠りは浅く熟睡もできない。こんな毎日だから朝から体がダルいし、集中力や判断力が鈍って仕事ではミスば…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
原田知世巡る“最低ネタ”が原因!?田中圭が「ゴチ」で太田光をガン無視したワケ
2
藤田ニコル「アレを我慢するのが得意」発言でベッドの中でも“ドM”確定説
3
復帰の小川彩佳に注目が集まる「ミルクタンクバスト」露わの視聴率浮揚策
4
原監督が10年越しで“約束”を果たした「あのFA左腕」入団の裏側
5
太川陽介が「バス旅」で痛恨のミス連発!旅番組引退の危機も?