芸能

いきなりはムリ?高嶋ちさ子「仕事セーブ宣言」の“危うさ”とは

〈関係者の皆様、私は仕事人ではなくお母さんなので、仕事はセーブさせて頂きます〉

 3月10日、「1年ぶりのブログです」と題して、このように今後の仕事をセーブさせることを宣言したバイオリニストの高嶋ちさ子だが、業界関係者の間ではこれを不安視する声も聞こえてくる。

 高嶋といえば近年、その毒舌キャラが受け、数々のバラエティ番組に出演し、昨年10月からは不定期だった冠番組「ザワつく!一茂良純時々ちさ子の会」(テレビ朝日系)がレギュラー化されるなど、まさに引っ張りだこの状態。しかしブログによれば、これにより〈年々コンサートの本数も増え、テレビも増え同時に家にいられる時間も少なくなっています〉とのことで、今は平日にほとんど家にいられないのだという。

「仕事のセーブを決めたのは子供への影響だとしており、最近は息子さんが荒れに荒れているという事態に責任を感じて『このままだと息子に干されそうなので』と、テレビの方は干されても構わないとしています。これにネット上では《賢明な決断だし、よく気づいた》、《子供思いのいい母親》、《ハッキリしていて気持ちがいい》などの称賛が相次いだんです」(ネットウオッチャー)

 しかし、バラエティ番組制作会社関係者は、「セーブといっても、急にうまくはいかないのではないか」と、こう懸念する。

「おそらく、『ザワつく!』が4月より水曜日の深夜枠から金曜日のゴールデンタイム移動することが決まり、先のスケジュールがある程度見えたことから、このタイミングでの報告となったのでしょう。ただ、本人はブログで“平日の仕事は子供が学校から帰ってくる時間までに終わるものしか絶対に受けない”としているものの、相変わらずオファーが殺到する中で、きっかりスケジュール通りに終わる番組収録などなかなかない。テレビの仕事に対しても責任感の強い彼女のこと、早めるために手を抜いたり、ましてや途中で抜け出すなどはできないと思いますよ」(芸能プロ関係者)

 ブログでも、〈例外のせいで、どんどんルールが緩くなり〉と仕事を詰め込んできたことを反省していた高嶋。同じことを繰り返して家庭崩壊を招かないことを祈るばかりだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
石川佳純、「美人になった!」称賛の一方で“意外に大きい”バストの評判
2
藤田ニコル、「年会費180万円マー君クラブVIP」への本音発言が賛否真っ二つ
3
タモリが語った「生活習慣の変化」と昔“バカにしていた”相手の実名!
4
日テレ滝菜月、リンボーダンスの“ぷっくり下腹部ライン”にファン妄想爆発!
5
「鶴瓶の息子」駿河太郎、2年以上の「ドロ沼裁判」急転和解の“ナゼ”