女子アナ

「昭和・平成」有名人の衝撃自死(4)練炭で…川田亜子の「動機」に様々な憶測

 この3月いっぱいで、TBSからは宇垣美里アナ、テレビ朝日から小川彩佳アナと宇賀なつみアナが退社し、フリーとしての活動をスタートさせる。

「いずれも局を代表する人気ぶりですが、現在はフリーアナ冬の時代と言われます。仕事の成功と女性としての幸せの間で様々な難しい決断を迫られる日も来るでしょうし、第一線で活躍し続けるのは、そう簡単なことではないでしょう」(女子アナウオッチャー・たなか是政氏)

 07年3月に、TBSを退社してフリーになった川田亜子さんも、まさにそんな葛藤の中にあったのではないだろうか。

 クールビューティーなルックスで人気アナとなり、退社後、すぐに「サタデースクランブル」(テレ朝系)で念願だった報道キャスターに就任。順風満帆な活動状況にあると誰もが思っていたが、08年5月12日に自身のブログに〈母の日に私は悪魔になってしまいました〉、22日には〈一番苦痛であります。昔は苦しかったのに…今はせつないです〉と意味深な文を綴り、26日、東京・港区の自宅近くの路上に停めた車の中で練炭自死を図り、この世を去ったのだ。

「家族に宛てた遺書の存在も確認され、警察は自死と断定しました。しかし、わざわざ会社の車を使っていたことや、練炭が後部座席にあり、本人は助手席でひざを抱える体勢という不自然な状態だったことも報じられ、その死を巡っては様々な憶測が流れたのです」(芸能記者)

 生前、川田さんはフリー転身後の仕事を含め様々な悩みを抱えていたようだが、当時、その中でも最も自死に結びついたと見られていたのが、元彼との関係のもつれだった。

「川田さんが住んでいた湾岸のマンションの目の前には、新しい保育園ができたばかりでした。広場で遊ぶ子供たちの元気な声が響き、その我が子を見つめる母親たちの幸せそうな表情が目に入る、そんな環境だったのです」(前出・芸能記者)

 改めて、ご冥福をお祈りしたい。

(露口正義)

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    「男の人からこの匂いがしたら、私、惚れちゃいます!」 弥生みづきが絶賛!ひと塗りで女性を翻弄させる魅惑の香水がヤバイ…!

    Sponsored

    4月からの新生活もスタートし、若い社員たちも入社する季節だが、「いい歳なのに長年彼女がいない」「人生で一回くらいはセカンドパートナーが欲しい」「妻に魅力を感じなくなり、娘からはそっぽを向かれている」といった事情から、キャバクラ通いやマッチン…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    今永昇太「メジャー30球団でトップ」快投続きで新人王どころか「歴史的快挙」の現実味

    カブス・今永昇太が今季、歴史的快挙を成し遂げるのかもしれないと、話題になり始めている。今永は現地5月1日のメッツ戦(シティ・フィールド)に先発登板し、7回3安打7奪三振の快投。開幕から無傷の5連勝を飾った。防御率は0.78となり、試合終了時…

    カテゴリー: スポーツ|タグ: , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
DeNA大型新人・渡会隆輝「とうとう2軍落ち」に球団内で出ていた「別の意見」
2
「趣味でUber Eats配達員をやってる」オードリー若林正恭に「必死の生活者」が感じること
3
桑田真澄に「偉業を全て盗まれた」同級生の元バッテリー捕手が明かす「ほとんど完全試合」時代
4
「3Aで最多安打記録」巨人に新加入の外国人ヘルナンデスに「超不吉なデータ」
5
ラモス瑠偉「W杯惨敗サッカー日本代表コキ下ろし」に抗議電話15万5000件/スポーツ界を揺るがせた「あの大問題発言」