芸能

オヤジキラー女優の好感度UP大作戦(1)吉高由里子は「自由すぎるネコ」

 昨年のタレントイメージ調査(ビデオリサーチ調べ)の女性部門で堂々1位に輝いたのは綾瀬はるかだった。そんな綾瀬を追い越せとばかりに、オンナの武器を活用する美人女優たち。世の男性諸君を惹きつける「秘技」を暴露する。

 民放局ドラマプロデューサーが打ち明ける。

「ドラマの撮影では、何より女優のご機嫌を損ねないことが第一です。その点、いつもご機嫌で、そんな心配が皆無なのが吉高由里子(30)。女優ぶったところがなく、男性スタッフに気さくに話しかけてきてくれるし、『私のこと好きなんでしょ』と腕をポンポン叩いてきたりして、アレにやられない男はいないよ。通りすがりに後ろから肩を叩いてきたり、突拍子もないことをするから、まさに自由すぎるネコだよ」

 現在は4月スタートのドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)の撮影中だが、その現場の様子を男性スタッフが明かす。

「現場では、いつも冗談を言って周囲を和ませています。容赦なく下ネタをぶっこんでくるのは彼女なりのサービス精神の表れなんでしょうね。最近、彼女の中ではやっているのが、スタッフへのあだ名づけ。ある男性スタッフに、ちょっと卑猥なあだ名をつけ、連呼したところ、そのスタッフは顔を真っ赤にしてしまい‥‥。それを見た吉高さんは笑いをこらえきれず大爆笑していました。おかげでしばらく撮影がストップになりましたが、そんなハプニングのおかげで、現場スタッフの士気が高まり、撮影は順調に進んでいます」

 小悪魔・吉高のエロいじりで、現場は毎回“定時あがり”で絶好調!?

 対照的に、優等生すぎて一部から「コメントがつまらない」と批判を浴びているのが土屋太鳳(24)。

 しかし、2月26日に自身のインスタグラムでCM撮影風景をアップ。白いTシャツの下で爆乳がたわわに揺れている様がありありと‥‥。この乳揺れ写真にコメント欄では、

「おっぱいでかすぎ! ブラ透けしてる」

「柔らかそうなおっぱい」

「太鳳パイ揉みたい」

 などなど、男性ファンの肉欲コメントが飛び交ったのだ。

 取材カメラマンが興奮気味に語る。

「ナマ太鳳ちゃんほどエロいものはありませんよ。もともとコンテンポラリーダンスで体を使って表現することに全力を傾けているので、レオタード1枚でもまったく人目を気にしません。記者会見などのイベントでも、なぜかいつもピッタリしたニット服などで登場することが多いんです。身近で見ると太鳳ちゃんの満面笑顔の丸顔に負けない2つのまん丸乳のシルエットがクッキリ浮き上がる。太鳳ちゃんのイベントがいつも大盛況なのは、このためでしょう」

 集客力の秘訣はこの3つの丸みにアリ。

 吉岡里帆(26)が持ち前のEカップをアピールしたのが、1月24日に行われた「日本ジュエリーベストドレッサー賞」でのこと。表彰式では、胸元がパックリ開いた黒ドレス姿でE乳谷間を披露した。

「ハッキリ言って、胸元の高価なネックレスよりも白ムチの谷間のほうが目立っていた。昨年の主演ドラマと主演映画がいずれもコケているので、かつて水着姿でグラビアを飾ったE(え~)ちち乳で反撃に出たのかもしれません」(カメラマン)

 これぞ、反撃の巨乳!?

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
浜田雅功が26年前にピエール瀧の“犯罪者になる素質”を見抜いていた!
2
今そこにある芸能界の闇営業(4)ビッグタレントの裏に潜む“肉体献上”
3
あの番組が原因!?ダウンタウンが「テレ朝を出禁」になった裏の疑惑!
4
嵐・大野、関ジャニ横山出演映画から「まさかのオファー無し」にファン悲鳴!
5
口から白濁した液を滴らせて…有村架純の最新ショットが意味深すぎる!