芸能

インリン、43歳で「艶ポーズに再挑戦」報告にかつてのファンが大歓喜!

 どんな仕上がりなのか、ただただ気になるところだ。

 タレントのインリンが3月12日にブログを更新。10年ぶりとなるグラビア撮影を行ったことを明かしている。「艶っぽい意味での」“テロリスト”であるという異名がかつてつけられ、過激なM字開脚ポーズを披露するなど、人気グラドルとして活躍したインリンは現在、故郷の台湾に移住。3児の母として主婦業をメインに芸能活動を不定期で行っている。

 そんな彼女だが、この日のブログでは〈10年ぶりにグラビアの撮影で沖縄にきました〉と報告。続けて、〈久しぶりすぎて…どうなんだろう?ポーズ取れるんだろう?とも思ったんだけど でも衣装を着たら、10年前の自分がサーッと降りてきた感じで、スーッと自然に体が動いてポーズを取ってました 本当に不思議な感覚〉と、不安を感じつつも、無事に撮影を終えたようだ。掲載される雑誌名などの詳細は不明で、インリンは〈発売日が分かりましたら、また告知します〉と綴っている。

 撮影のオフショット写真などはアップされていないこともあり、インリンの10年ぶりのグラビアに、ファンからは「早く見たいです」「若いだけで微妙なアイドルよりインリンの水着が定期的に見たい」「43歳とは思えないほど美しい。本格的にグラビア復帰してくれないかな」などといった声が上がるなど、待ちきれないといった様子だ。

「2月15日に43歳の誕生を迎えたインリンですが、年齢を重ねてもなおキレイで、だんだんとその美しさは増してきていると評判です。スタイル維持のために相当努力していることもうかがえますし、今回の反応を見る限りでも十分に需要はありそうです。ただ、インリンはM字開脚で大ブレイクしていた当時も月給は50万円を超えたことがないと過去にバラエティ番組で明かしています。グラビアの仕事も嫌いというわけではなさそうですから、ギャラ次第では本格復帰もあり得るのでは?」(エンタメ誌ライター)

 もしかしたら全盛期を超える人気が出るかも!?

(田中康)

カテゴリー: 芸能   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
佐藤健と上白石萌歌の仲は冷めていた!?「ぎぼむすSP」撮影現場の「意外な光景」
2
本田望結、成長真っ最中?ボディ進化と同時にネットをザワつかせた“顔の変化”
3
松本人志を罵倒、浜田雅功に暴行で“一世一代の大勝負”に出た芸人!/坂下Dの「地獄耳」芸能
4
清原和博の新庄監督批判がますます浮く?江夏豊・田淵幸一の「太鼓判」発言
5
伊藤沙莉、「マッパで“美バスト”を揉まれる」ベッドシーンの艶気が大絶賛!