芸能

内田裕也、あの「30代人気女優」から“共演NG指定”されていた!?

 妻・樹木希林の死から半年となる3月17日に79歳でこの世を去った内田裕也さん。日本のロックミュージシャンの先駆けとして知られる内田さんは俳優や映画監督としても活躍。91年に都知事選に出馬した際の政見放送では、自身の映画のタイトルでもある頭脳警察の「コミック雑誌なんか要らない」を熱唱し話題となった。

 コワモテのキャラクターでバラエティ番組にも多数出演した内田さん。公私ともに彼と付き合いがあったというテレビ関係者は「すぐに激昂する性格なのも事実ですが、スタッフの『ここでキレてほしい』という空気を読んでワザとキレてくれていた」と振り返る。こう続ける。

「裕也さんは画面に映るだけで緊張感が走るキャラクターなので、番組からすれば、視聴率を計算できるありがたい存在。スタッフにも気さくに話しかけてくれるので現場の評判は上々でしたね」

 そんな内田さんについて「ただ、彼を本気で怖がっている共演者もいたんです」と明かす同関係者が、さらにこう話す。

「中でも“例の人気女優”は番組で裕也さんにキレられたのがトラウマになり、かたくなに“共演NG指定”していたともっぱらの噂なんです」

 内田さんを“共演NG指定”していた人気女優とは──。

「15年に『ダウンタウンなう』で共演した平愛梨です。彼女は番組内で『シワクチャのお爺さんかなって思ってました』と口にして裕也さんをキレさせてしまった。放送では平静を装っていましたが相当怖かったようですよ」(前出・テレビ関係者)

 内田さんの死を彼女はどう受け止めただろうか。

(白川健一)

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
完熟フレッシュ・池田レイラが日大芸術学部を1年で退学したのは…
3
またまたファンが「引き渡し拒否」大谷翔平の日本人最多本塁打「記念球」の取り扱い方法
4
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
5
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言