芸能

松嶋尚美だけじゃない!お目当てのジャニーズがいた女性芸能人たち

 3月27日放送の「きらきらアフロTM」(テレビ東京系)で「忍者のファンじゃなかったら芸能界に入ってなかったもん」と笑顔で、こともなげに言い放ったのは松嶋尚美。

 この発言にいたる経緯を説明しておくと、同番組のこの日の放送回では、番組共演者の笑福亭鶴瓶が「ザ!世界仰天ニュース」(日本テレビ系)の収録で中居正広らとハワイでロケを敢行したことが話題になった。何でも鶴瓶は、収録後にホテルの花火大会に参加し、花火が打ち上げられる様子を動画で撮影してインスタグラムに公開したのだが、それを見たユーザーから「中居くんの声が!」「中居くん嬉しそうに元気に」などと、大きな花火音の中からほんのわずかしか聞こえない中居の声を聞き取った人々からコメントが殺到。次の収録で中居に怒られるかもしれないと鶴瓶は心配する様子になった。ここで、松嶋が「ファンはそれくらい聞き取れる」と熱弁し、冒頭のコメントへと続いたのである。

「松嶋はかねてより1985年から97年まで活動していたジャニーズのアイドルグループ『忍者』のメンバーだった正木慎也の“追っかけ”で、芸能事務所の身分証を所持していればテレビ局に入りやすく、正木に会えるのではないかと期待して芸能界入りしたと明かしています。松嶋のように目当てのジャニーズタレントに会えることを期待して芸能界入りしたと明かしている女性芸能人は多く、古くは郷ひろみファンだった松田聖子、田原俊彦ファンだった山田邦子、シブがき隊の本木雅弘ファンだった高田万由子、KAT‐TUNの亀梨和也ファンだったのん(能年玲奈)、KinKi Kidsの堂本剛ファンだった道端アンジェリカらがいます。また、アイドルグループに所属するメンバーにも、過去に撮ったプリクラなどに書き込まれたラブコールから、お目当てのジャニーズタレントの存在が明らかになっているケースが複数ありますね。2014年10月6日放送の『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)に出演した沢尻エリカも、『実は私小学生の頃、SMAPの中でいちばん好きな人が草なぎ(剛)さんでした』と明かして大きな話題になるなど、枚挙にイトマがありません」(芸能ライター)

 芸能人の中でも“タブー知らず”とも言われている松嶋にすれば、今回のような発言は序の口かもしれないが、今後もさらなる爆弾発言に期待したい。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    ゲームのアイテムが現実になった!? 疲労と戦うガチなビジネスマンの救世主「バイオエリクサーV3」とは?

    Sponsored

    「働き方改革」という言葉もだいぶ浸透してきた昨今だが、人手不足は一向に解消されないのが現状だ。若手をはじめ現役世代のビジネスパーソンの疲労は溜まる一方。事実、「日本の疲労状況」に関する全国10万人規模の調査では、2017年に37.4%だった…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    藤井聡太の年間獲得賞金「1憶8000万円」は安すぎる?チェス世界チャンピオンと比べると…

    日本将棋連盟が2月5日、2023年の年間獲得賞金・対局料上位10棋士を発表。藤井聡太八冠が1億8634万円を獲得し、2年連続で1位となった。2位は渡辺明九段の4562万円、3位は永瀬拓矢九段の3509万円だった。史上最年少で前人未到の八大タ…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , |

    因縁の「王将戦」でひふみんと羽生善治の仇を取った藤井聡太の清々しい偉業

    藤井聡太八冠が東京都立川市で行われた「第73期ALSOK杯王将戦七番勝負」第4局を制し、4連勝で王将戦3連覇を果たした。これで藤井王将はプロ棋士になってから出場したタイトル戦の無敗神話を更新。大山康晴十五世名人が1963年から1966年に残…

    カテゴリー: エンタメ|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
「致死量」井上清華アナの猛烈労働を止めない「局次長」西山喜久恵に怒りの声
2
巨人の捕手「大城卓三と小林誠司」どっちが「偏ったリード」か…大久保博元が断言
3
京都「会館」飲食店でついに値上げが始まったのは「他県から来る日本人のせい」
4
フジテレビ井上清華「早朝地震報道で恥ずかしい連呼」をナゼ誰も注意しない?
5
【鉄道】新型車両導入に「嫌な予感しかしない」東武野田線が冷遇される「不穏な未来」