女子アナ

NHK青山祐子、産休・育休を7年間続けた末の退職に寄せられた「批判の声」

 3月をもって退職することが発表された「ニュースウオッチ9」(NHK)のメインキャスターなどを務めた青山祐子アナ。

 かつては同局の看板アナとして活躍していたが、2012年3月に第1子となる男児を出産してからは、アナウンサーとしての仕事はしていない。理由は、13年6月に第2子女児、15年7月に第3子男児、17年2月に第4子女児を出産。つまり、退職前の7年間は産休と育休を取り続けていたからだ。この間、NHKの場合は雇用保険から給与の約半分が支給されていたことになる。

「これを知った視聴者からは『こういう人がいるから育休を取ると白い目で見られる。ほどほどにが世間常識』『7年の休職はさすがにやりすぎ』『復職前提の制度なのにな。こういう人がいるから、せっかく産休育休の取得で、非難されることが少なくなってきてるのに、イメージ悪くなる』『こういう人は迷惑。産休育休は、家庭がある人ならほとんどの女性は経験すること。休むからには、復帰するのが社会人の常識では?』など、批判が殺到。NHKは視聴者からの受信料で成り立っていることも、バッシングに拍車をかけたようです。産休や育休は、復職することが前提の制度です。それなのに、7年もの間、権利だけを行使して義務を果たしていないと思われても仕方のないケースだと思います」(文化部記者)

 もちろん、青山アナ個人の様々な事情や考え方あっての決断なのであろうが、現在産休を取っている人、これから取る予定の人にとっては、かなり困惑するような反響を呼んでしまったようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    暑いと思ったら顔が赤い?恥ずかしい赤ら顔は化粧水でケア

    Sponsored
    91796

    ゴールデンウィークも終わり、これから夏に向けて徐々に気温が高くなってくる季節ですね。スポーツやイベントなど出かける機会が増えてくる方も多いのではないでしょうか。そんな楽しい季節ですが、気候の変化による肌トラブルも気になります。日中の日差しか…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    高血圧・高血糖・高血中脂質が1つでもあると、動脈硬化につながる「トリプルリスク」になる!?

    Sponsored
    102085

    いま、アラフォー世代を中心に、「トリプルリスク」の危険性が叫ばれている。「かくれ肥満」を提唱し、メタボに警鐘を鳴らした医師の岡部正さんによると、「高血圧・高血糖・高血中脂質のうち、どれか1つでも該当すると他の2つも悪くなる可能性がある」そう…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    認知症の予防に期待!? 世界初、九州大学がプロポリスの認知機能向上効果を実証!

    103760

    九州大学大学院歯学研究院の武洲准教授と倪軍軍助教の研究グループは、中国青海省人民病院との共同研究において、ブラジル産プロポリスが中国チベット高原に住む健常な高齢者の認知機能低下並びに全身性炎症の改善効果をもたらすことを明らかにした。臨床研究…

    カテゴリー: 社会|タグ: , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
いまだ和解できず!フジモンとバッファロー吾郎・木村が絶対共演しない理由
2
元カノと薬物!?元有名グループメンバーXの逮捕疑惑に「大物すぎる!」の声
3
ピエール瀧に続く…捜査員が秘かに追う「薬物芸能人」リスト(1)瀧に譲渡した疑惑の俳優H
4
“タモリが「いいとも」を降板した本当の理由”記事にフジ関係者がブチギレ!
5
加藤綾子が困惑?TBS新人“激似”アナ、「カトパン呼ばわり敵視」の真相!