女子アナ

NHK青山祐子、産休・育休を7年間続けた末の退職に寄せられた「批判の声」

 3月をもって退職することが発表された「ニュースウオッチ9」(NHK)のメインキャスターなどを務めた青山祐子アナ。

 かつては同局の看板アナとして活躍していたが、2012年3月に第1子となる男児を出産してからは、アナウンサーとしての仕事はしていない。理由は、13年6月に第2子女児、15年7月に第3子男児、17年2月に第4子女児を出産。つまり、退職前の7年間は産休と育休を取り続けていたからだ。この間、NHKの場合は雇用保険から給与の約半分が支給されていたことになる。

「これを知った視聴者からは『こういう人がいるから育休を取ると白い目で見られる。ほどほどにが世間常識』『7年の休職はさすがにやりすぎ』『復職前提の制度なのにな。こういう人がいるから、せっかく産休育休の取得で、非難されることが少なくなってきてるのに、イメージ悪くなる』『こういう人は迷惑。産休育休は、家庭がある人ならほとんどの女性は経験すること。休むからには、復帰するのが社会人の常識では?』など、批判が殺到。NHKは視聴者からの受信料で成り立っていることも、バッシングに拍車をかけたようです。産休や育休は、復職することが前提の制度です。それなのに、7年もの間、権利だけを行使して義務を果たしていないと思われても仕方のないケースだと思います」(文化部記者)

 もちろん、青山アナ個人の様々な事情や考え方あっての決断なのであろうが、現在産休を取っている人、これから取る予定の人にとっては、かなり困惑するような反響を呼んでしまったようだ。

カテゴリー: 女子アナ   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    伊藤沙莉、「バストトップ出し&アエギ声」映画用にボイス訓練の“躍進女優力”

    161972

    若手女優きってのバイプレイヤー伊藤沙莉(26)の大躍進が止まらない。どこか親近感を持てるルックスと独特のハスキーボイスを携えて映画に引っ張りだこだというのだ。「主演の伊藤健太郎のひき逃げのためにお蔵入りになりかけた11月6日公開の『十二単衣…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
福原遥、「教場II」で“一人勝ちだった”と指摘されるワケ
2
稲村亜美がガニ股で躍動!ゴルフ動画の“下半身パックリ見え”にファン「感激」
3
本田翼のTシャツバストショットが艶すぎる!“サイズアップ説を裏付ける”1枚
4
綾瀬はるかVS高畑充希 ドラマに映せない「恥ずかしい癖」合戦(1)綾瀬のバストの存在感がすごすぎて…
5
年越し事件ファイル「全員、OUT!」(1)松本人志がボツにした「渡部建トイレ前コント」の収録現場