芸能

高岡早紀「アンダーウエアなし宣言」「あの映画への涙」で“魔性”がナマ炸裂!

 4月4日深夜スタートのドラマ「向かいのバズる家族」(日本テレビ系)の番組PRで、同日放送の「スッキリ」「バゲット」(いずれも日本テレビ系)に出演した高岡早紀。高岡は内田理央演じるヒロイン・あかりの母親で、バズることにハマっていく緋奈子を演じる。しかし視聴者は新ドラマのPRより「私は夜、寝る時にアンダーウエアははきません」と高らかに言い放った言葉に気を取られたのではないだろうか。

 高岡がこの宣言をしたのは生出演した「スッキリ」。番組MCの加藤浩次は高岡に賛同したが、同じMCの近藤春菜ははいていないと不安になる旨をコメント。高岡が「はかないほうがリラックスできますよ」と近藤に“就寝時アンダーウエアなし”を勧めるひと幕もあった。

 一方「バゲット」では、アイドル歌手としてデビューした当時の高岡が歌唱する貴重なVTRや、1990年6月公開の映画「バタアシ金魚」で話題を呼んだ、高岡がセーラー服でプールに飛び込むシーンなどを放送。高岡のこれまでの芸能活動を振り返った。

 芸能界活動よりも幼少期から習っていたバレエを続けたかったという高岡だったが、同番組の中で、1994年10月公開の映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」に出演したことですべてが一変、いろいろなことに対する考え方が変わったと言いながら涙をこぼした。

「高岡はご存知のように『忠臣蔵外伝 四谷怪談』でお岩を演じ惜しみなくマッパを披露。雨の中での佐藤浩市演じる伊右衛門とのラブシーンは今でも語り草になっているほどです。高岡はこの作品で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞。1991年には篠山紀信撮影によるヘアまで公開した写真集を出し、その頃から“魔性の女”と言われ始めて現在に至っていますからね。当時はまだ21歳だったそうですから、さまざまな決断や得たもの、失ったものなどを思い出してしまい、涙をこぼしたのではないでしょうか」(女性誌記者)

「自分が思ったように生きてるっていうか、それしかできない」と、時折、友達と話しているかのような口調になっていた高岡。「魔性の女」と言われるゆえんは、その自然で自由なところなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    実力派ジョッキー戸崎圭太も登場!「KEIRIN GP2019」スペシャル企画動画『The DAN(座談)』をチェックせよ!

    Sponsored
    138500

    12月にもなると「なんだか気持ちが落ち着かない…」というギャンブル好きの読者諸兄も多いことだろう。というのも年末は、競馬の「有馬記念」、競艇の「賞金王」、オートレースの「SS王座」といったビッグレースが目白押しだからだ。競輪では、12月30…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

    センベロ、野球、鉄ちゃん、アニメ、オタク……趣味などの価値観重視で生涯のパートナーを見つけるマッチングアプリが中高年に最適なワケ

    Sponsored
    136162

    50歳で結婚歴のない「生涯未婚率」が激増している。これは2015年の国勢調査の結果によるもので、親世代となる1970年の同調査に比べると、その率なんと約14倍なんだとか。この現実をみると、「結婚できない……」ことを切実な問題として不安に思う…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

    “男の活力低下”につけこむ甘い罠…手軽に入手できる海外未承認薬の危険過ぎる実態に迫る!

    Sponsored
    133097

    40代50代の中高年男性といえば、人間関係、リストラの恐怖、のしかかる責任感など仕事上の悩みに加えて、妻や子どもとの関係、健康や老後の不安といったプライベートなことまで、さまざまな問題を抱えているもの。そしてこれらがストレスとなり、加齢によ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , |

注目キーワード

人気記事

1
動画で「加工疑惑」払拭!「元ブルゾンちえみ」藤原詩織がやせて美的に大進化
2
NHK赤木野々花が“タオル回し”で発揮した“放送事故”級「Fバスト弾み揺れ」
3
フジ堤礼実“肌着のヒモ見え”だけで大騒ぎになった人気と“期待値”
4
木下優樹菜「タピオカ屋恫喝」で離婚危機!?「夫が後輩に“ヤバいことに…”吐露」
5
テレ東・須黒清華「3Dスキャン」で88センチの「隠れFカップ」発覚