芸能

高岡早紀「アンダーウエアなし宣言」「あの映画への涙」で“魔性”がナマ炸裂!

 4月4日深夜スタートのドラマ「向かいのバズる家族」(日本テレビ系)の番組PRで、同日放送の「スッキリ」「バゲット」(いずれも日本テレビ系)に出演した高岡早紀。高岡は内田理央演じるヒロイン・あかりの母親で、バズることにハマっていく緋奈子を演じる。しかし視聴者は新ドラマのPRより「私は夜、寝る時にアンダーウエアははきません」と高らかに言い放った言葉に気を取られたのではないだろうか。

 高岡がこの宣言をしたのは生出演した「スッキリ」。番組MCの加藤浩次は高岡に賛同したが、同じMCの近藤春菜ははいていないと不安になる旨をコメント。高岡が「はかないほうがリラックスできますよ」と近藤に“就寝時アンダーウエアなし”を勧めるひと幕もあった。

 一方「バゲット」では、アイドル歌手としてデビューした当時の高岡が歌唱する貴重なVTRや、1990年6月公開の映画「バタアシ金魚」で話題を呼んだ、高岡がセーラー服でプールに飛び込むシーンなどを放送。高岡のこれまでの芸能活動を振り返った。

 芸能界活動よりも幼少期から習っていたバレエを続けたかったという高岡だったが、同番組の中で、1994年10月公開の映画「忠臣蔵外伝 四谷怪談」に出演したことですべてが一変、いろいろなことに対する考え方が変わったと言いながら涙をこぼした。

「高岡はご存知のように『忠臣蔵外伝 四谷怪談』でお岩を演じ惜しみなくマッパを披露。雨の中での佐藤浩市演じる伊右衛門とのラブシーンは今でも語り草になっているほどです。高岡はこの作品で日本アカデミー賞の最優秀主演女優賞などを受賞。1991年には篠山紀信撮影によるヘアまで公開した写真集を出し、その頃から“魔性の女”と言われ始めて現在に至っていますからね。当時はまだ21歳だったそうですから、さまざまな決断や得たもの、失ったものなどを思い出してしまい、涙をこぼしたのではないでしょうか」(女性誌記者)

「自分が思ったように生きてるっていうか、それしかできない」と、時折、友達と話しているかのような口調になっていた高岡。「魔性の女」と言われるゆえんは、その自然で自由なところなのかもしれない。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    多部未華子、「行列のできる法律相談所」で見せた“顔の進化”に視聴者騒然!

    132223

    8月24日から25日にかけ放送された「24時間テレビ」(日本テレビ系)は、平均視聴率16.5%で歴代13位の好成績を記録。駅伝マラソンでの、いとうあさこのラストスパートのシーンでは瞬間最高視聴率39.0%と驚異的な数字をとり、そのまま後番組…

    カテゴリー: 芸能|タグ: , , , , |

    過食やストレスによる“ぽっちゃり” 実は「脳疲労」が原因だった!?

    Sponsored
    157187

    「思うように外出できないし、友だちともなかなか会えない」「四六時中、家族と接していて息が詰まる」「在宅勤務だと仕事に集中できない」「残業がなく収入減で将来が不安」──会議に限らず、飲み会やデート、婚活まで、オンラインによるライフスタイルがニ…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
森七菜、新CM動画“脱ぎシーン”でついに現れた爆裂バスト輪郭が大反響!
2
加藤綾子が“入れられる直前”ベッド姿を公開!すっぴん不安顔にファン騒然
3
広瀬すず「橋本環奈NG」解除の背水事情(1)格の違いで「相手にならないよ」
4
新垣結衣、大河ドラマ“初出演”に飛び交う「アノ穴はどうする?」の憶測
5
胸の先見えそう!ローラがシャツはだけショットを公開も「あざとい」評のワケ