芸能

ケジメの挙式はまだ早い?矢口真里に「中村昌也との共演と公開懺悔を!」の声

 タレントの矢口真里が、昨年3月に再婚した元モデルの梅田賢三と3月28日に沖縄県で挙式していたことが、4月2日付のサンケイスポーツが報じた。

「その前に女性誌が報じたところによれば、挙式をしたがったのは矢口のほうで、再婚に至るまでいろいろあったことから“ケジメ”をつけたいと周囲に漏らしていたとか。梅田とは不貞関係から交際がスタートしていることから挙式を止める声もあったようですが、昨年秋に放送された戸田恵梨香主演のドラマ『大恋愛』(TBS系)に影響を受け、そこで話題になったウエディングサロンまで訪れたといいます」(芸能記者)

 しかしである。これにネットでは、〈さすが矢口のメンタルは半端ないわ。というか本気で神経を疑う〉〈招待される側も微妙だったのでは〉〈何のけじめ? 先に捨てた中村昌也を何とかしてやるのが先じゃないのか〉など、過去を攻め立てる声は今も変わらない。

「中村は昨年秋に『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演した際、その時点ですでに『仕事が減ってきている』『スケジュールがほぼ真っ白』と嘆いていましたが、もともと役者としてそれほど売れていないだけに、本人の責任という面もある。ただ、矢口を寝取られたことは、バラエティー番組で一人でぶっちゃけても、結局は痛すぎてネタにならない。ネットでも指摘されるように、矢口はまず、そんな中村を何とかしてやること、例えば中村と共演して公開懺悔するのも一つのけじめをつける手段なのでは」(夕刊紙記者)

 矢口は4月2日深夜放送の「The NIGHT」(AbemaTV)でさらに、第一子を妊娠、夏の終わりに出産予定であることも視聴者に報告していたが、よほどインパクトがあることをしなければ、何をやっても批判にさらされ続けそうだ。

カテゴリー: 芸能   タグ: , , , ,   この投稿のパーマリンク

SPECIAL

アサ芸チョイス:

    芸能・政治・カネの「実は?」に迫る!月額550円で“大人の裏社会科見学”

    Sponsored
    194887

    予期せぬパンデミックによって生活や通勤スタイルがガラリと変わった昨今、やれSDGsだ、アフターコロナだ、DXだと、目まぐるしく変化する社会に翻弄されながらも、今を生き抜くのが40~50代の男たち。それまでは仕事が終われば歓楽街へ繰り出し、ス…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , |

    出会いのカタチもニューノーマルに!「本気で結婚したい」男がやるべきこと

    Sponsored
    168750

    「結婚はしたいけど、もう少し先でいいかな……」「自然な出会いを待っている……」と思いながらも、「実は独りが寂しい……」と感じてはいないだろうか。当然だ。だって男は弱いし、寂しがりだから。先の“言い訳”じみた考えも、寂しさの裏返しのようなもの…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , |

    テストコアNO3が若者から評判なワケは?理由と口コミ調査

    Sponsored
    184479

    男性の性の悩みといえば、中高年世代のイメージが強い。ところが今、若者の半数近くが夜のパフォーマンスに悩みを抱えている。ヘルスケアメディアの調査(※1)によって、10代から30代の44.7%が「下半身」に悩みを抱えているという衝撃の実態が明ら…

    カテゴリー: 特集|タグ: , , , , , |

注目キーワード

人気記事

1
片瀬那奈 事務所退所で引退危機も「1億円」であの業界からオファー?
2
上白石萌音、広瀬すずの美バストがくっきり!2021年の“アクシデント”ショット大賞が決定
3
水卜麻美アナ、先っちょが浮き出てる!?視聴者を騒然とさせたバスト張り出しシーン
4
岡副麻希、視聴者騒然!シートベルトがガッツリ食い込んだ“Cバスト”のド強調
5
加藤綾子 入籍から半年経過も「別居婚継続」の真相